クイズ:幕末に初めてビールを醸造した日本人はだれ? <5.12(金)のビールニュース>

2017-09-13

本日5月12日(金)、兵庫県三田市がご当地検定「三田ビール検定」を創設するというニュースがありました。幕末に日本人で初めてビールを醸造したとされる地元出身の蘭学者・川本幸民(かわもと・こうみん/1810~1871年)にちなんだものだそうです。そういえば、川本幸民以外にもビールに関しては「日本で初めて」という風に表現をされる人物が何人かいますよね。

 


たとえば、中川清兵衛(なかがわ・せいべえ/1848年~1916年)は日本初の国産ビール醸造技師とされていますし、日本で初めて継続的にビールを製造したアメリカ人技師のウィリアム・コープランド(1834年~1902年)は「日本ビール産業の祖」と言われています。

ちなみに、清兵衛の出身地である新潟県の与板町(よいたまち)には昨年、清兵衛にちなんで「与板☆中川清兵衛記念BBQ ビール園」というビール園ができました。そしてコープランドが1870年に横浜で開設したビール醸造所といえば、言うまでもなく「スプリングバレー・ブルワリー」。こちらも21世紀に東京と横浜で復活しています。

このあたり、新しいビール検定にも出題されるかもしれませんね!

 

「さかづきブルーイング」醸造家はビールメーカー出身30代女子/他、今日のビールニュース

このほか、「さかづきブルーイング」醸造家はビールメーカー出身30代女子/6月2日から日比谷オクトーバーフェスト/忽布古丹醸造クラウドファンディングが37時間で1,000万円/浮世絵をあしらった三越伊勢丹限定ヱビス登場/デンマークの醸造所が“木製”の分解可能ビール瓶開発/等々、5月11日[木]~5月12日[金]にツイートしたビール&クラフトビール&地ビール関連トピックをまとめました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!