キリンビール、今年とれたての岩手遠野産ホップ使用した「一番搾り」を10月24日(火)に全国で数量限定発売

2017-09-04

キリンビールは、岩手県遠野市で今年夏に収穫したばかりのホップ「IBUKI(いぶき ※1)」をたっぷり使用した「一番搾り とれたてホップ生ビール」を、2017年10月24日(金)より数量限定で全国発売します。

※1 同社が品種改良した国産ホップ。フローラル・グリーンの上品な香りが特長

 

収穫したての生ホップを凍結・粉砕して使用

今年で発売14年目を迎える「一番搾り とれたてホップ生ビール」は、「一番搾り製法」による上品な味わいに加え、ビールの里・岩手県遠野産のとれたてのホップ「IBUKI」を使用した、華やかな香りが特長とのこと。

通常、ホップは収穫後に品質を保つため乾燥させて使用するのが一般的です。しかし、本商品の製造では収穫したばかりのみずみずしいホップを水分が含まれた生の状態で凍結させ、細かく砕いて使用することによって旬のホップの個性を最大限引き出したそう。

さらにホップの香りを引き立たせるため、2017年7月下旬製造品からリニューアルを行っている「キリン一番搾り生ビール」と同様、雑味・渋味を減らすための「低温麦汁濾過技術※2」を新たに採用したとしています。

※2 麦汁濾過工程における濾過温度をより低温にすること

キリンビールと遠野市の密接な関係は、両者の契約でホップ栽培をスタートさせた1963年にまでさかのぼり、今年で54年目。国産ホップの生産量が年々減少している現在の環境にあっても良質なホップの産地を守るため、同社は今後も遠野市や生産者と連携してホップの魅力を活用した地域活性化に取り組むとしています。

 

「一番搾り とれたてホップ生ビール」
<発売地域>
全国
<発売日>
2017年10月24日(火)
<容量/容器>
350ml缶、500ml缶、中びん、大びん、7L樽、15L樽
東北地区(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)限定で、7L樽、15L樽を販売予定
<価格>
オープン価格
<販売予定数>
約63万ケース(8,000KL) ※大びん換算
<製造工場>
北海道千歳工場、仙台工場、横浜工場、名古屋工場、神戸工場、福岡工場(予定)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAlwaysLoveBeerをフォローしよう!