「本麒麟(ほんきりん)」が刷新!大麦増量&仕込新技術を採用

キリンビール「本麒麟」

キリンビールは2020年1月中旬製造品から、同社新ジャンル「本麒麟(ほんきりん)」(350/500ml缶)をリニューアルし、順次切り替えを行います。2020年販売目標は前年比約126%の約1,900万ケース(大びん換算)としています。

 

より力強いコクと飲みごたえに

 

キリンビールによると、2019年の消費税増税を機に、今は低価格でありながら高品質な商品やサービスが顧客の支持を広げているとのこと。“身近なものこそ、きちんとしたいいもの”を選択する傾向が高まっているとしています。

そんななか、「本麒麟」はビール類に期待される“力強いコクと飲みごたえ”を味わえる商品として高い評価を得ており、発売2年目も10カ月()連続で前年販売実績超えを実現。年間計で前年比6割増となるなど、快進撃を続けているそうです。

※ 2018・2019年の3~12月を比較

そこで今回のリニューアルでは、大麦を増量したほか、仕込過程で新技術を採用。爽やかな苦味がありながら、さらに力強いコクと飲みごたえを引き出したとしています。

 

「本麒麟(ほんきりん)」

発売地域
全国
発売日
2020年1月中旬製造品より順次切り替え
容量・容器
350ml缶、500ml缶
価格
オープン価格
アルコール分
6%
酒税法上の区分
リキュール(発泡性)①
販売予定数
約1,900万ケース(240,000KL)
※ 大びん換算
製造工場
キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場(全9工場)
Webサイト
「本麒麟」商品情報

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!