天竜杉の食用木粉を使ったクラフトビール「ミサクボIPA」発売!

BISOWA VILLAGE「ミサクボIPA」

静岡県浜松市天竜区水窪(みさくぼ)町で“地球循環型まちづくり”に取り組んでいるBISOWA VILLAGE(株)は2020年12月12日(土)、天竜杉の食用木粉パウダーを用いたクラフトビール「ミサクボIPA」を発売しました。

 

地元水窪地区の良質な天竜杉を使用

浜松市の最北部、町の96%が森林で占められ、古くは「塩の道」の宿場町、近代は林業とともに栄えたという水窪町。

その水窪町の魅力を発信したいとの思いから、同地区の名産である「天竜杉」を使ってつくられたのが今回の「ミサクボIPA」です。

開発は、BISOWA VILLAGEと、大阪を拠点にホップ栽培などを通じ社会課題の解決を目指すコミュニティ THANKS HOPとの共同で行われ、醸造は大阪の中津ブルワリーが担当しました。

 

BISOWA VILLAGE「ミサクボIPA」

製造では、地元の製材会社 天竜T.S.ドライシステム協同組合が、月の暦と秋冬の旬に合わせて伐採し、自然乾燥(葉枯らし・天然乾燥)を行なったという良質な天竜杉の食用木粉スーパーウッドパウダー)」が使用されました。

そうして完成した本商品は、琥珀のアピアランスのなか、IPA特有のフルーティーなホップの香りに加えて、杉の深みある香りが引き出されたビールに仕上がったとしています。

スーパーウッドパウダー: 樽脇園株式会社が加工販売する“食べられる木”。天竜T.Sドライシステム協同組合の杉のおが粉を細かく砕き、数度の煮沸、滅菌、灰汁出し、水切り、濾過処理をし、自然乾燥させたものです。https://ediblewood.jimdofree.com/

 

「ミサクボIPA」概要

BISOWA VILLAGE「ミサクボIPA」
ビアスタイル
アメリカンペールエール
原材料
麦芽、ホップ、アイリッシュモス、クリプトメリアジャポニカパウダー(水窪産杉パウダー)
アルコール度数
4.7%
販売価格
880円(税込)
販売場所
スーパーやまみち(有限会社山道商店)

※ 順次追加予定

提供場所(カフェ、テイクアウト可)
サロンドマンナカ(静岡県水窪町)、アース東京(東京都目黒区)、サロンドアース(静岡県鷹匠)、サロンドシャルメ(東京都吉祥寺)

※ 予約のみ

Webサイト
Bisowa Village株式会社

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!