愛称は『赤星』! 1877年誕生の「サッポロラガービール」発売

サッポロビール「サッポロラガービール」

サッポロビールは2020年7月21日(火)、業務用市場を中心に大びん・中びんのみで販売しているビール製品「サッポロラガービール」の缶商品を、全国で数量限定発売します。

 

「開拓使麦酒醸造所」時代から続くビール

サッポロビール「サッポロラガービール」

(左)缶体表面、(右)缶体裏面

「サッポロラガービール」は、1877年(明治10年)にサッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所から発売されて以来、いまに受け継がれる、現存するビールとしては日本で最も歴史のあるビールブランドです。

熱処理ビールならではの味わいが高く評価されるとともに、歴史と新しさが同居した格好良さが、ビール好きの顧客に支持され、2011年から8年連続で販売実績を伸ばしているとのこと。

缶のデザインは、現在のびんラベルを忠実に表現。裏面には、飲食店で親しまれているびんの「サッポロラガービール」の姿をデザインし、一体感を高めています。ラベル中央の赤い星は、開拓使のシンボルであった北極星を表しており、ファンからは「赤星」の愛称で長年親しまれています。

 

「サッポロラガービール」概要

サッポロビール「サッポロラガービール」
パッケージ
350ml缶、500ml缶
品目
ビール
発売日
2020年7月21日(火)
地域
全国
原材料名
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ、米、コーン、スターチ
アルコール分
5%
価格
オープン価格
デザイン
・現在の瓶ラベルを忠実に表現し、ラベル中央に赤い星をデザイン
・裏面には、中央に瓶製品の全体をデザイン
中味特長
熱処理ビールならではのしっかりとした厚みのある味わい
販売計画
18万ケース(大びん633ml×20本換算)
Webサイト
商品情報ページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!