Far Yeast Brewing、米Giganticとのコラボビール「DAIDARABOT」発売

投稿日時 更新日時2019-06-19

fFar Yeast Brewing「Far Yeast DAIDARABOT」

Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)は2019年6月13日(木)、米ポートランドのブルワリー Gigantic Brewing Companyとのコラボレーションビールとして、同社クラフトビールブランド「Far Yeast」の限定醸造品「Far Yeast DAIDARABOT」(ファーイースト ダイダラボット)を発売します。

 

Ctystalホップを使ったジューシーセゾン

Far Yeast Brewing「Far Yeast DAIDARABOT」

Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)にて

「Far Yeast DAIDARABOT」は、Far Yeast Brewingが得意とするセゾンとGigantic Brewing Companyが得意とするIPAの要素を融合させた、ホップのジューシーさが特徴のJuicy Saisonとのこと。酵母は「Far Yeast」シリーズのフラッグシップビール「東京ホワイト」で使用している「French Sasion」を、ホップはGigantic Brewing Companyの定番商品「IPA」でも使用しているオレゴン産の風味豊かな「Crystal」を贅沢に使用したとしています。

 

ダイダラボッチ×ロボット→ダイダラボット

Far Yeast Brewing「Far Yeast DAIDARABOT」

商品名の「DAIDARABOT」(ダイダラボット)は、日本全国で伝承される巨人伝説の総称「ダイダラボッチ」と、Gigantic Brewing Companyのデザインで登場する「ロボット」を掛け合わせて造語とのこと。また、ラベルは、Gigantic Brewing Companyのデザインで登場するロボット「Ginormo」がダイダラボッチとして、山梨県小菅村のFar Yeast Brewing源流醸造所に上陸した様子を表しているそうです。

本商品は樽とボトルで展開予定。樽・ボトルともに2019年6月13日(木)より全国で販売開始予定のほか、6月8日(土)~9日(日)には都内スプリングバレーブルワリー東京で開催されるビールイベント「Hood To Fuji」で先行開栓の予定となっています。

 

新商品「Far Yeast DAIDARABOT」

販売開始日
樽・ボトルともに2019年6月13日(木)
価格
オープン価格
原材料
大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、小麦、オーツ麦、糖類
アルコール度
6.7%
IBU
15〜20
スタイル
Saison
品目
ビール
醸造所
Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
15L樽及び330mlボトル
Webサイト
公式オンラインストア

先行開栓イベント「Hood To Fuji」

「Hood to Fuji」
本商品は、日本とポートランドの計34ブルワリーがコラボレーションするビールイベント「Hood To Fuji」で先行開栓の予定となっています。なお、本イベントは時間ごとに区切られた完全入れ替え制のイベントであり、入場にあたっては下記の販売ページでチケットの購入が必要になります。

開催日
2019年6月8日(土)~6月9日(日)
開催時間
6月8日(土)
・Session1 11:00〜14:00
・Session2 15:00〜18:00
・Session3 19:00〜22:00
6月9日(日)
・Session1 11:00〜14:00
・Session2 15:00〜18:00
会場
スプリングバレーブルワリー東京
(東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山)
Webサイト
イベントホームページ
チケット販売ページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ