廃棄間近のパンを活用した発泡酒が発売!醸造は江戸東京ビール

横浜高島屋 ベーカリースクエア「RE:BREAD」

横浜高島屋、地下食料品売場「Foodies’ Port2(フーディーズポート2)」内にあるパンのセレクトショップ「ベーカリースクエア」は2021年8月18日(水)、廃棄間近のパンを原料とした発泡酒「RE:BREAD」を発売しました。

 

本来使用する麦の23%をパンで代用

約40ブランド、500種類以上の品揃えで1日1万個以上の販売実績を誇るというパンのセレクトショップ「ベーカリースクエア」。

本店舗は同時に、売れ残り間近となっている商品の冷凍販売や、廃棄商品の堆肥化による循環型農業への参画など、環境に配慮した取り組みも行っているそう。今回はその新たな取り組みとして、廃棄間近のパンを原料とした発泡酒を開発し、閉店後の食品ロス削減を目指したとしています。

 

横浜高島屋 ベーカリースクエア「RE:BREAD」

製造工程では、日々発生するロスパンを乾燥させたうえで細かく粉砕。糖化の工程で麦と一緒に加熱し、発泡酒の原料として加工しており、本商品(330ml)200本につき、本来使用する麦の23%をパンで代用したとのことです。

ビアスタイル(ビールまたは発泡酒の種類)は、発芽していない小麦を原料に使う“白ビール”の一種「ホワイトエール」。パンにも合わせやすい苦みの少ないやさしい味わいに仕上げたとしています。醸造を担当したのは、2018年に東京都江東区でオープンした「ON TAP 江戸東京ビール」となります。

 

「RE:BREAD」概要

商品名
RE:BREAD
品目
発泡酒
内容量
330ml
価格
639円
販売場所
・横浜高島屋 地下食料品<Foodies’ Port2>和洋酒売場
・横浜高島屋 地下食料品<Foodies’ Port2>ベーカリースクエア
Webサイト
横浜高島屋 公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!