苺と同程度の糖度というミニパプリカを使ったセゾンビール発売!

マイファーム&26Kブルワリー「パプリカンラプソディ」

農業支援事業などを手掛けるる京都市の(株)マイファームは2020年10月30日(金)、同社「畑咲くビール」プロジェクトの第2弾商品として、ミニパプリカを使ったクラフトビール「パプリカンラプソディ」を、自社通販サイト「やっちゃば倶楽部」で限定発売しました。

 

「畑咲くビール」プロジェクトとは

全国各地の生産者と連携し、こだわりの農産物を使用したオリジナルの限定クラフトビールを生産・販売するという「畑咲くビール」プロジェクト。

その第1弾となる黒糖を使ったビール「キビといつまでも」は、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて4日で目標額を達成し、大きな話題となったそうです。

 

イチゴと同程度の糖度

今回の「パプリカンラプソディ」は、その第2弾。茨城県神栖市の生産者(株)agri new winds(アグリニューウィンズ)代表の飯田等さんがつくる、「スイートカクテルペッパー」というミニパプリカを贅沢に使用したクラフトビールとなりました。

「子どもの嫌いな野菜の代表格であるピーマンをもっと食べやすくしたい」という飯田さんの思いを表現する「スイートカクテルペッパー」は、イチゴと同じくらいの糖度となる甘味が特徴とのこと。

醸造を担当したのは、東京都武蔵野市の26Kブルワリーで、ビアスタイル(ビールの種類)はセゾン。パプリカ本来の香りに加え、特徴である噛んだ瞬間の甘みが感じられるよう、スライス加工とミキサー加工で風味を最大限に生かす味わいを目指したとしています。

 

「パプリカンラプソディ」概要

品目
ビール
原材料
麦芽(ドイツ産)、ホップ、パプリカ、コリアンダー/炭酸ガス
賞味期限
※ ビールの保証期限30日
Webサイト
やっちゃば倶楽部 / <限定醸造>畑咲くビール[episode2]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!