ヘリオス酒造が岩手の沢内醸造所(前・銀河高原ビール)を取得!

ヘリオス酒造 沢内醸造所

クラフトビールや蒸留酒を製造・販売している沖縄のヘリオス酒造は、岩手県にある銀河高原ビールのブルワリー「沢内醸造所」を2020年4月1日付けで取得し、同社クラフトビールの生産体制を拡大すると発表しました。

 

海外17カ国にも製品を展開

ヘリオス酒造「青い空と海のビール」
「青い空と海のビール」
ヘリオス酒造「ゴーヤDRY」
「ゴーヤDRY」
ヘリオス酒造「シークヮーサーホワイトエール」
「シークヮーサーホワイトエール」
ヘリオス酒造「星空のポーター」
「星空のポーター」

ヘリオス酒造のビール主力製品は「青い空と海のビール」「ゴーヤーDRY」「シークヮーサーホワイトエール」「星空のポーター」等。

現在は国内に加えて海外17カ国・地域への製品輸出も行っているほか、沖縄県内では系列企業で「バッカスの胃袋」「百甕(ももがーみ)」という飲食2店も経営しています。

 

今後はOEM生産も視野に

そんなヘリオス酒造が今回取得するのは、岩手県西和賀町にある(株)銀河高原ビールの沢内醸造所。延面積2,619㎡の本ブルワリーは、2020年3月をもって銀河高原ビール側での生産終了が決定していました。

同社は本醸造所を隣接ホテル(元・ホテル森の風沢内銀河高原)とともに取得したのち、4月にビール・発泡酒の製造免許を申請。免許が交付され次第、同社クラフトビール製品の製造を開始する予定としています。

併せて、今後はクラフトビール業界の活性化のため、比較的小ロットで缶・瓶・ケグのOEM生産も請け負っていくほか、隣接ホテル(25室)は運営委託先の企業を全国から募集していく予定とのことです。

 

ヘリオス酒造について

社名
ヘリオス酒造株式会社
本社
〒905-0024 沖縄県名護市字許田405番地
東京支社
〒158-0086 東京都世田谷区尾山台2-20-16
台北支社
114 台北市内湖區南京東路6段346號5F-1
法人設立(創業)
1961年
営業種目
酒類及び清涼飲料水の製造、販売
Webサイト
ヘリオス酒造Webサイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!