信玄餅とのコラボ!?きな粉と黒蜜を使ったドライスタウト発売

Far Yeast Brewing、桔梗屋「桔梗信玄 Kuromitsu Black」

Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング、山梨県小菅村)は2022年6月14日(火)、地元山梨の銘菓「桔梗信玄餅(以下、信玄餅)」で使用されている黒蜜ときな粉を原材料に使用した発泡酒「桔梗信玄 Kuromitsu Black」を発売しました。

販売は、JR甲府駅ビル「セレオ」内の 「ワインセラー」「カフェ&ワインバー 葡萄酒一番館」、桔梗屋本社売店をはじめ、山梨県内の土産物ショップにて。

 


山梨を代表する和菓子のコラボ

Far Yeast Brewing、桔梗屋「桔梗信玄 Kuromitsu Black」

山梨の産品を使ったビールづくりを通し地域産業活性化を図るという「山梨応援プロジェクト」シリーズの最新作となる本商品は、「信玄餅」などの製造・販売を手がける菓子メーカー 桔梗屋(山梨県笛吹市)とのコラボレーションとなりました。

今回は「信玄餅」の製造工程で一部ロスとなってしまうきな粉の端材をビールに“アップサイクル”。桔梗屋よりきな粉のサンプル提供を受け、同社パイロットブルワリーの東京醸造所(東京都品川区)にて300Lの試験醸造した製品を併設直営店で限定提供したところ、顧客からの反響で手ごたえを感じたそう。そこで、さらに桔梗屋・中丸純社長のテイスティングフィードバックを経て今回の製品化となりました。

そうして誕生した本商品は、“信玄餅”を彷彿とさせる黒糖ときな粉の深い甘味および焙煎香とは裏腹に、甘ったるさを感じさせないすっきりとドライでシャープな飲み口の“ドライスタウト”に仕上がったそう。黒糖は煮沸後に加えて糖分を発酵で切らし、発酵終了後にきな粉を投入して香りを残すことで、“桔梗信玄餅”の風味とドリンカビリティを両立。3.5%という低アルコールも手伝い、スタウトながら飲みやすく、クラフトビールファンだけでなく、桔梗屋ファンの方々をはじめとした幅広い顧客が楽しめる味わいになったとしています。

 

「桔梗信玄 Kuromitsu Black」概要

商品名
桔梗信玄 Kuromitsu Black(キキョウシンゲン クロミツブラック)
販売開始日
2022年6月14日(火)
参考小売価格
858円(税込)
原材料
大麦麦芽(イギリス製造)、大麦、オーツ麦、黒蜜、きな粉、糖類
アルコール度
3.5%
スタイル
Dry Stout
IBU
30
品目
発泡酒(麦芽使用率50%以上)
醸造所
Far Yeast Brewing 源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
330ml瓶

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!