かぼちゃエールから生ホップビールからまで、10月中旬発売の注目クラフトビール5選

2017-10-24

10月発売の限定ビール5種

2017年10月前半から17日(火)にかけて、全国各地のブルワリーから魅力的な限定ビールまたは限定発泡酒が次々と発売されています。今回は、そのなかから当サイトが気になった商品を5点紹介させてください。

 

スプリングバレーブルワリー「Hop Fest 2017」

スプリングバレーブルワリーは、収穫したての生ホップ「IBUKI」を使用した限定ビール「Hop Fest 2017」(アルコール度数5.5%、IBU25)を発売しました。2017年10月6日(金)よりスプリングバレーブルワリー東京/横浜/京都のほか、イベント「フレッシュホップフェスト」参加飲食店で提供を開始。また、330ml瓶はキリン公式通販ショップ「DRINX」にて10月13日(金)より出荷を開始しています。
限定ビール「Hop Fest 2017」

 

こゆ地域づくり推進機構「楊貴妃ライチビール」

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構は、国産ライチを用いた限定ビール「楊貴妃ライチビール」(アルコール度数5%)を発売しました。醸造担当は栃木県の栃木マイクロブルワリー。2017年10月11日(水)より、宮崎県児湯郡新富町の酒店「伊藤酒屋」で100本のみの限定販売となります。
限定ビール「楊貴妃ライチビール」

 

コエドブルワリー「彩-Sai-」

コエドブルワリーは、ロックバンドACIDMANとのコラボレーションで醸造した限定ビール「彩-Sai-」(アルコール度数5.5%、IBU19.6)を発売しました。2017年10月14日(土)~15日(日)開催の「川越まつり」で先行発売されたほか、樽とボトルで10月16日(月)に醸造所出荷を開始しています。
限定ビール「彩 -Sai-」

 

エチゴビール「RISE UP IPA」

エチゴビールは、限定ビール「RISE UP IPA」(アルコール度数6.0%、IBU65)を発売します。メインホップに米国産「モザイク」を用いたアメリカンIPAで、「白桃と柑橘系の香りと強烈な苦味」が特長とのこと。2017年10月17(火)の発売予定になります。
限定ビール「RISE UP IPA」

 

ベアード・ブルーイング「カントリーガール かぼちゃエール」

ベアード・ブルーイングは、かぼちゃを使用した限定ビール「カントリーガール かぼちゃエール」(アルコール度数6.5%、IBU25)を発売します。「優雅なほんのりとした甘さと、洗練された複雑なフレーバー」が特長としています。2017年10月17日(火)のリリース予定になります。
限定ビール「カントリーガール かぼちゃエール」

 

この季節にしか飲めないビールばかり!

 

いかがでしょうか。「楊貴妃ライチビール」だけは限定100本という超激レアかつ現地でのみの販売なので入手困難かと思いますが、他の4種は2017年10月17日(火)現在購入できるようです。興味のある方は今しか飲めないビールをぜひ!

なお、麦芽比率67%未満、または酒税法が定める副原料()以外の原料を用いた商品(本記事では「カントリーガール かぼちゃエール」と「楊貴妃ライチビール」)は、税区分上「発泡酒」となります。

※ 麦、米、とうもろこし、こうりやん、ばれいしよ、でんぷん、糖類又は財務省令で定める苦味料若しくは着色料

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!