“一度注ぎ”の旨さ追求!「銀座ライオンビヤホール 達人の生」

投稿日時 更新日時2019-11-13

サッポロビール「サッポロ 銀座ライオンビヤホール 達人の生」

サッポロビールは2019年12月17日(火)、日本最古のビヤホール「銀座ライオン」が監修したビール「サッポロ 銀座ライオンビヤホール 達人の生」を全国で数量限定発売します。

 

全国「銀座ライオン」の一部でも樽生販売

サッポロビール「サッポロ 銀座ライオンビヤホール 達人の生」

<缶体裏面>

サッポロホールディングスのグループ企業であるサッポロライオンの代表的店舗で、現存する日本最古のビヤホールでもある「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」が監修したという本商品。同店舗で「ビール注ぎの達人」として知られる井上克己(いのうえ・かつみ)氏が注ぐ、伝統の「一度注ぎ」生ビールの美味しさを追求し、苦みを抑えた味わいと、すっきりとしたのどごしを実現したとしています。

今年創業120周年となるサッポロライオンでは、全国の「銀座ライオン」の一部店舗でも、樽生による本商品の限定販売を行う予定としています。

 

「サッポロ 銀座ライオンビヤホール 達人の生」概要

パッケージ
350ml缶、500ml缶
品目
ビール
アルコール分
5.5%
原材料名
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ
発売日
2019年12月17日(火)
発売地域
全国
※ 2019年12月9日から全国の「銀座ライオン」の一部店舗にて樽生での限定販売。
価格
オープン
デザイン
・「銀座ライオン」のロゴ、商品名を堂々と配置することでビヤホールの本格感を演出。
・「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」ビール注ぎの達人「井上克己」のメッセージにより、中味特長である「苦みを抑えた味わいと、すっきりとしたのどごし」を訴求。
中味特長
・苦みを抑えた味わいと、すっきりとしたのどごしの麦芽100%ビール。
・カラメル麦芽を一部使用し、やや濃い色合い。
販売計画
10万ケース(大びん633ml×20本換算)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ