関空近くに「泉佐野ブルーイング」が誕生!ボトルビールも発売

泉佐野ブルーイング「KIX BEER」

大阪府泉佐野市の関西国際空港近くにオープンしたビール醸造所「泉佐野ブルーイング」が2020年7月13日(月)、自社醸造のクラフトビールブランド「KIX BEER(キックスビール)」の販売を開始します。

 

関空のお膝元でブルーパブも開業

関空のお膝元という地の利をいかし、インバウンド需要も視野に入れているという泉佐野ブルーイング。地域住民と旅行者の交流の場として、醸造所にはパブも併設する一方、自社醸造ビールのボトル販売も行うことになりました。

ボトルのラベルデザインは著名デザイナーの近衞忠大氏が担当。関空のパネルがイメージされたロゴや関空滑走路の方角を示す24等、「関空がギュッと詰まったデザイン」となっています。

 

現在はペールエール等3種を醸造

泉佐野ブルーイング「KIX BEER」

醸造チーム

そんな泉佐野ブルーイングのビールづくりにおけるコンセプトは「何杯でも飲めるビール」とのこと。

これまで数々のブルワリーで醸造責任者を務めてきたブルワー志村智弘氏による監修のもと、現在はペールエールアンバーエールヴァイツェンの3種を醸造しているそうです。

また、今後はヴァイツェンボックやデュンケル等、季節に合わせた各種シーズナルビールも醸造予定としています。

 

「泉佐野ブルーイング」概要

泉佐野ブルーイング

施設名
泉佐野ブルーイング
所在地
泉佐野市大西二丁目2599番の4
電話
072-468-6766
商品名
KIX BEER
製造免許交付日
令和2年5月24日
初醸造日
令和2年6月4日
初蔵出し日
令和2年7月13日
WEBサイト
近日公開予定

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!