八ヶ岳ブルワリーが天然の“白樺樹液”を使った限定ビール発売!

八ヶ岳ブルワリー「白樺ビート“生”」

八ヶ岳ブルワリー(山梨県北杜市)は2022年5月20日(金)、同社「八ヶ岳ビール タッチダウン」ブランドから、天然の白樺樹液水を使用したという限定醸造品「白樺ビート“生”(以下、白樺ビート)」を全国発売しました。

 


全国に先駆けた白樺樹液のビール

八ヶ岳ブルワリー「白樺ビート“生”」

天然の白樺が地中から吸い上げた「白樺樹液水」を、全国に先駆けて(※1)ビール仕込み水の一部に利用したという本商品。カバノキ科の落葉樹である白樺は3月から4月にかけ、春の芽吹きに備えて地中から吸いあげた大量の水分を幹のなかに保持するそうです。

その樹液水を、標高約1230m に位置する八ヶ岳ブルワリーは、まだ高原に雪が残る3 月から4 月にかけ、同社敷地内に群生する白樺の木々から毎年少しずつ “おすそ分け”してもらったとのこと。採取できるのは1 年のうち3週間ほどだそうです。

※1:同社調べ(2009年)。

 

白ワインのようなアロマも

八ヶ岳ブルワリー「白樺ビート“生”」

その白樺樹液水を数十リットル、ビールの仕込み段階(麦汁煮沸の終了間際)に投入したのが「白樺ビート」です。樹液水に含まれるほんのりとした甘味が活きるよう麦芽由来の糖は可能なかぎり発酵段階で使い切り、きりっとしたライトな飲み口ながらも、八ヶ岳ブルワリーらしい奥行きのあるモルトのうまみを活かしたピルスナーに仕上がったとしています。

また、ホップはドイツ産の「ハラタウブラン」とニュージーランド産の「モチュエカ」を使用し、白ワインのような上品で清涼感あふれるアロマを前面に押し出したそう。苦味づけは控え目にした一方で樹液水のふくよかな甘味を活かした、八ヶ岳ブルワリー“らしさ”を満載したビールとしています。

本商品は、2020年に英ロンドンで開催された「World Beer Awardsワールド・ビア・アワード2020」のInternational Lager部門で世界最高賞を獲得しました。

 

「白樺ビート“生”」概要

八ヶ岳ブルワリー「白樺ビート“生”」
品名
八ヶ岳ビール タッチダウン 白樺ビート“生”(やつがたけビール タッチダウン しらかばビート なま)
品目
発泡酒
醸造方式
下面発酵(無ろ過・非加熱)
原材料
大麦麦芽、ホップ、白樺樹液水
アルコール度数
5.0%
保存方法
要冷蔵
仕様
330mlボトル、15L樽
発売日
2022年5月20日(金)
Webサイト
「八ヶ岳ビール タッチダウン」 公式ECショップ
「八ヶ岳ビール タッチダウン」 公式ECショップ業務販売ページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!