「本麒麟」刷新!大麦&ドイツ産ヘルスブルッカーホップを増量

キリンビール「本麒麟」

キリンビールは2021年1月製造分より、同社新ジャンル第三のビール本麒麟」(350ml/500ml缶)をリニューアルし、順次切り替えを行います。2021年の販売目標は、前年比約1割増の約2,230万ケース(大びん換算)としています。

 

新ジャンル増税のなかでも販売は伸長

ビール類に期待される“力強いコクと飲みごたえ”が高い評価を得て、2018年の発売以降、販売数量が前年を大きく更新し続けているという「本麒麟」。昨年10月の酒税改正に伴い新ジャンルは増税となりましたが、本商品の販売数量は市場を上回る推移を見せ、増税後の10~12月も前年比約105%、年間計では前年比約132%と大きく伸長したとのことです。

今回のリニューアルでは、そんな「本麒麟」の特長である「飲み飽きない味わい」に加えて、大麦およびドイツ産ヘルスブルッカーホップを増量し、コクと飲みごたえを一層向上。さらに完成度の高いうまさを実現したとしています。

 

「本麒麟(ほんきりん)」概要

発売地域
全国
発売日
2021年1月製造品より順次切り替え
容量・容器
350ml缶、500ml缶
価格
オープン価格
アルコール分
6%
酒税法上の区分
リキュール(発泡性)①
販売予定数
約2,230万ケース(282,000KL)
※ 大びん換算
製造工場
キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場(全9工場)
Webサイト
「本麒麟」商品情報

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!