生はちみつを使ったクラフトビール「Beeear(ビーアー)」発売!

きたもっく「Beeear(ビーアー)」

群馬県の長野原町北軽井沢で県産はちみつを製造販売する(有)きたもっくは、自社の生はちみつ製品「百蜜ももみつ)」を使ったクラフトビール「Beeearビーアー)」を2021年1月に発売すると発表しました。

 

百花蜜に由来するまろやかな味わい

蜂(BEE)、熊(BEAR)、ビール(BEER)をかけて名付けたという「Beeear(ビーアー)」。蜂蜜は熊の大好物でもあり、地元の猟友会が熊猟をするときは、もっぱら「栗の蜂蜜」を使うそうです。なかでも、熊は香りの強い栗の蜂蜜に目がないとのこと。

本商品には、生はちみつ製品「百蜜」の内、最も香りが強く個性的な「#45 北軽井沢の栗」を使用。栗のほか、アカシア、リョウブ、アザミ等々、夏の山野草も含んだ百花蜜(ひゃっかみつ:たくさんの花から採れた蜂蜜)で、複雑な味わいからヤミツキになる人も多いそうです。

醸造は、同じ群馬県吾妻郡内にある四万温泉エールファクトリー(しまおんせんエールファクトリー)が担当しています。

このほか、同じく「百蜜」を使ったアルコール飲料として、同社は蜂蜜酒「MOMOTOSE」も発売しました。こちらは、すでに直営店「ルオムの森」にて販売中とのことです。

・「Beeear(ビーアー)」発売予定:2021年1月

▼生はちみつ「百蜜」

▼直営店「ルオムの森」

▼有限会社きたもっく

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!