大正2年九州生まれの「サクラビール」が現代的アレンジで復活!

サッポロビール「サッポロ サクラビール2020」

サッポロビールは2020年6月16日(火)、大正2年に九州初のビール工場から生まれた歴史あるビール「サクラビール」を、現代風にアレンジしたうえで「サッポロ サクラビール2020」として数量限定で発売します。

 

九州初ビール工場で製造していたビール

本商品は、1912年(明治45年)に九州で創業した帝国麦酒(株)が、1913年(大正2年)に竣工した九州初のビール工場(※1)で製造していた「サクラビール」をサッポロビールが現代風にアレンジしたもの。

1942年ごろまで「サクラビール」を製造していた同工場は、サッポロビールの前身である大日本麦酒(株)が1943年(昭和18年)に継承し、その後2000年(平成12年)まで87年にわたりビール製造を行っていました(※2)。

サッポロビールが「サクラビール」を製造(※3)・販売するのは今回が初めてとのことで、歴史あるビールの味わいを、同社醸造者が当時の文献を読み込んで再現。

さらに飲みやすさを重視する現代の顧客嗜好に合わせ、香ばしいコクとすっきりとしたのどごしを両立させ、バランスの良い味わいに仕上げたとしています。

※1:北九州市門司区(旧門司市)に竣工。現在は“門司赤煉瓦プレイス”として、ビール文化や歴史を発信し続けています。

※2:2000年(平成12年)に閉鎖されたサッポロビール(株)九州工場は、同年、大分県日田市に現在のサッポロビール九州日田工場として移管。主に九州および近畿・中国・四国エリア等への供給を担う生産拠点となっています。

※3:本商品の製造工場は九州日田工場および千葉工場となります。

 

「サッポロ サクラビール2020」概要

パッケージ
350ml缶、500ml缶
品目
ビール
アルコール分
5%
原材料名
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ、米
発売日
2020年6月16日(火)
発売地域
全国
価格
オープン価格
デザイン
・サクラビール発売当時(大正2年当時)のラベルを配置
・現代風のサクラビールと分かるよう「サクラビール2020」を大きくデザイン
中味特長
・香ばしいコクと、すっきりとしたのどごしを両立させたバランスの良い味わい
販売計画
21万ケース(大びん633ml×20本換算)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!