日本で育種の希少ホップ「新品種β」使った発泡酒が京都で発売!

スプリングバレーブルワリー京都「JAPAN HOP ~新品種β~」

スプリングバレーブルワリーは2021年11月12日(金)、青りんごのような香りが特長という日本産希少ホップ「新品種β」を使用した新商品「JAPAN HOP ~新品種β~」を、スプリングバレーブルワリー京都にて限定発売します。

 

収穫したホップをすぐに凍結

 

「JAPAN HOP ~新品種β~」、“ホップ博士”こと、元キリンホールディングス(株)R&D本部 酒類技術研究所(現キリンホールディングス(株) 飲料未来研究所)主幹研究員の村上敦司氏が育種した、岩手県遠野市産の日本産ホップ「新品種β」を使用したという限定品です。

「新品種β」は、日本で育種されたまだ栽培量が少ない品種で、青りんごのような爽やかな味わいが特長とのこと。そんな希少ホップの特長を最大限に生かすため、「新品種β」を収穫後そのまま凍結し瑞々しい香りを閉じ込める「凍結毬花ホップ」にしたうえで使用。さらに「新品種β」のルプリンパウダー)を一部使用することで、雑味の少ない上品な味に仕上げたとのことです。

※ ホップの毬花から、味や香りの本体であるルプリン部分を分離・採取した素材

 

「JAPAN HOP ~新品種β~」概要

商品名
「JAPAN HOP ~新品種β~」
原材料
大麦麦芽、ホップ、米麹
発売日
2021年11月12日(金)
提供場所
スプリングバレーブルワリー京都
容量/価格
レギュラーサイズ(360ml)/1杯1,080円(税込)
アルコール分
6.0%
酒税法上の区分
発泡酒①
Webサイト
スプリングバレーブルワリー京都

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!