「淡麗グリーンラベル」リニューアル!ホップ配合比率を最適化

キリンビール「淡麗グリーンラベル」(リニューアル)

キリンビールは2021年3月製造分より、糖質70%オフ(※1)の同社発泡酒「淡麗グリーンラベル」をリニューアルのうえ、順次切り替えを行います。

※1 日本食品標準成分表2015年版(七訂)による。

 

今年1~2月販売も前年比約116%

キリンビール調べによると、ビール類における糖質オフ・ゼロ系ビール類の構成比は年々増加を続け、2020年末時点では2割強のシェアを占めるようになったとのこと。

こうした流れのなか、2020年の「淡麗グリーンラベル」販売実績は前年を上回り、今年1~2月も前年比約116%と好調を継続。

これを受け、今回のリニューアルではホップの配合比率を最適化しており、爽やかな飲み口を維持しながらも、ビールらしい飲みごたえと味わいをさらに強化したとしています。

 

「淡麗グリーンラベル」概要

商品名
「淡麗グリーンラベル」
発売地域
全国
発売日
2021年3月製造品より順次切り替え
容量・容器
350ml缶、500ml缶
価格
オープン価格
アルコール分
4.5%
酒税法上の区分
発泡酒
販売予定数
約1,340万ケース(170,000KL)※大びん換算
製造工場
キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場(全9工場)
Webサイト
「淡麗グリーンラベル」公式ページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!