アサヒビール、「TOKYO隅田川ブルーイング」ブランドのゴールデンエールを6月5日発売

2018-06-26

TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール

アサヒビールは2018年6月5日(火)、同社の「TOKYO隅田川ブルーイング」ブランドから、「TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール」の樽生を全国で、350/500ml缶を首都圏エリアのコンビニエンスストアにて数量限定で、それぞれ発売します。

 

TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール

「TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール」は、上面発酵酵母を採用した、華やかなコクと爽やかな後味が楽しめるというエールビール。北米産のシトラホップを一部使用することにより、爽やかな後味を実現したとしています。

下記の通り、アサヒビールは2017年9月から「TOKYO隅田川ブルーイング」ブランドの樽生3品種を、東京23区内の飲食店を中心に販売していますが、その販売数量は当初の想定を上回るペースで推移しているとのこと。近年は嗜好の多様化を背景に、個性的な味わいのビールに注目が集まっていることもあって、全国の飲食店からこだわりや個性ある商品の提案を希望する声が多数寄せられていたそうです。

今回発売される商品は、そんな「TOKYO隅田川ブルーイング」の醸造家が顧客と対話を重ねながらレシピを開発したビールとのこと。そのレシピをもとに、アサヒビールが製造・販売を行います。

同社は本商品を、“醸造家とお客様の対話から生まれた、ビールの楽しさを広げるスペシャリティビール”の第一弾と位置付けているそう。今後も「TOKYO隅田川ブルーイング」ブランドから、国内大手が提供するピルスナータイプにはない魅力を発信していくとしています。

 

概要「TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール」

品目
ビール
発売品種
樽詰10L、350ml缶、500ml缶
アルコール分
5%
原材料
麦芽、ホップ
発売日
2018年6月5日(火)
発売地域
樽:全国
缶:首都圏エリアのコンビニエンスストア
製造工場
アサヒビール名古屋工場
2018年目標
10万箱
※ 1箱は大瓶633ml×20本で換算
Webサイト
ブランドサイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ