ヤッホーブルーイング、木樽熟成ビール「バレルフカミダス」のバーレーワイン&インペリアルスタウト版を発売

「バレルフカミダス バーレイワイン B-48」「バレルフカミダス インペリアルスタウト B-49」

ヤッホーブルーイングは2019年2月21日(木)19時、木樽で熟成させたクラフトビールシリーズの新製品「バレルフカミダス インペリアルスタウト B-49」と「バレルフカミダス バーレイワイン B-48」の2種を同時発売します。

 

ウイスキーが香る「一期一会のビール」

「バレルフカミダス バーレイワイン B-48」「バレルフカミダス インペリアルスタウト B-49」

「バレルフカミダス」シリーズは、ウイスキーやワインづくりに使われた木樽でビールを熟成させる、「バレルエイジ」と呼ばれる技法を使ったクラフトビールです。

最大の魅力は、樽に元々入っていた酒の香りが移り、木樽熟成で奥深い香味が生まれることによる、複雑で奥行きのある香りと味わい。使用する木樽の性格や熟成期間によって出来上がるビールの味や香りが驚くほど異なるため、いわば「一期一会」のビールとも言えます。

 

インペリアルスタウト版も初登場

「バレルフカミダス インペリアルスタウト B-49」

2013年の発売以降、本シリーズは一貫して「バーレイワイン」というビアスタイル(ビールの種類)を原酒に使用してきましたが、今回はシリーズとして初めて「インペリアルスタウト」も使用。煤燥した大麦を使用したハイアルコールな黒色のビールで、濃厚な香りと味わいが特徴です。

インペリアルスタウト版の熟成に使用したのは、富士御殿場蒸留所でジャパニーズウイスキーの熟成に使われていた6つの木樽。樽由来のバニラやチョコレートのような香りとインペリアルスタウトの風味は好相性で、両者が溶け合うことにより高級なチョコレートを思わせる香りに仕上がったそう。

また、原酒には7種類の麦芽、オーツ麦、そして大麦を使用。口に含むととろみのある柔らかな口当たりが感じられ、まるで洋酒を沢山使ったチョコレートケーキのような味わいとのこと。飲み頃温度は少し高めの15度で、余韻を味わいながらゆっくりと楽しんで欲しいビールとしています。

発売スケジュールのほうは、まず2月14日(木)から同社定期宅配サービス「ひらけ!よなよな月の生活」会員向けに先行予約受付を開始したのち、一般向けは公式通販サイト「よなよなの里」本店にて、2月21日(木)19時に数量限定発売の予定としています。このほか、同社「よなよなエール」の公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」各店では2月6日(水)から「バレルフカミダス バーレイワイン B-48」を樽で提供しているそうです。

 

新商品「バレルフカミダス バーレイワイン B-48」

ビアスタイル(ビールの種類)
バレルエイジドバーレイワイン
原材料
麦芽、ホップ
アルコール度数
11.5%
容量
375ml
賞味期限
2年(要冷蔵)
希望小売価格
1,300円(税別)
発売日時
2019年2月21日(木)19時
Webサイト
「バレルフカミダス バーレイワイン B-48」商品ページ(公式通販サイト「よなよなの里」本店)

 

新商品「バレルフカミダス インペリアルスタウト B-49」

ビアスタイル(ビールの種類)
バレルエイジドインペリアルスタウト
原材料
大麦麦芽、オーツ麦、小麦麦芽、大麦、ホップ
アルコール度数
12.00%
容量
375ml
賞味期限
2年(要冷蔵)
希望小売価格
1,500円(税別)
発売日時
2019年2月21日(木)19時
Webサイト
「バレルフカミダス インペリアルスタウト B-49」商品ページ(公式通販サイト「よなよなの里」本店)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ