よりビールに近く!東京2020公式ノンアル「ドライゼロ」が刷新

アサヒビール「アサヒドライゼロ」

アサヒビールは、同社のノンアルコールビールテイスト飲料「アサヒドライゼロ」をリニューアルのうえ、2020年1月下旬製造分から順次切り替えを行います。また、2月12日(水)には春の限定商品「アサヒドライゼロ スペシャルパッケージ」も完全予約受注制で発売します。

 

すっきりとした後味を強化

原材料の配合を見直し、すっきりとした後味を強化することで、よりビールらしい味わいを実現したという今回のリニューアル。また、本年開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の盛り上げを目的として、缶体裏面中央部分および瓶表ラベルには金帯で“東京2020オフィシャルノンアルコールビールテイスト飲料”と記載され、“東京2020エンブレム”がパッケージにデザインされました。

 

お花見シーズンに合わせ桜のパッケージも

アサヒビール「アサヒドライゼロ スペシャルパッケージ」

また、「アサヒドライゼロ スペシャルパッケージ」のほうは、桜と、イメージカラーであるピンクを缶体の側面にデザイン。店頭や食卓に季節感と特別感を演出し、お花見シーズンの飲用喚起を図るとしています(中味は通常の「アサヒドライゼロ」と同様です)。

 

「アサヒドライゼロ」概要

名称
炭酸飲料
容器・容量
缶350ml、缶500ml、小びん334ml
アルコール分
0.00%
発売日
2020年1月下旬製造分から順次切り替え
製造工場
吹田工場、福島工場
発売地域
全国
販売目標
「ドライゼロ」ブランド計 785万箱(前年比100.8%)
※ 1箱は大瓶633ml×20本換算

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!