「東京IPA」とストロングエールをブレンドした樽熟ビール発売!

Far Yeast Brewing「Off Trail Cyclocross Mocha IPA」

Far Yeast Brewingファーイーストブルーイング、山梨県小菅村)は2021年7月20日(火)、同社「Off Trailオフトレイル)」ブランドから、新商品「Off Trail Cyclocross Mocha IPAシクロクロスモカアイピーエー)」の先行予約受付を公式オンラインストアにて開始しました。一般販売は7月29日(木)を予定しています。

 

BICYCLE COFFEE TOKYOのコーヒー豆も使用

リッチで複雑な香りを生成するため、ワインやウイスキーづくりで使われた樽でビールを熟成させる“バレルエイジイング手法”を採用している「Off Trail」シリーズ。ベースとなるビールの個性に合わせ、季節の果実や地域の特産品をブレンドすることでユニークなフレーバーづくりに挑戦しているというブランドです。

その第14弾となるのが今回の「Off Trail Cyclocross Mocha IPA」。ウィスキー樽で熟成させた同社定番ビール「東京IPA」とワイン樽で熟成させたストロングエールをブレンドすることで、ベースビールが持つホップ由来の柑橘系アロマはそのままに、樽熟成によるモルティさ、フルーティさ、酸味、ウッディで豊かなタンニンと、ほのかにキャラメルやウィスキーのような複雑な香りを加えたとのこと。

また今回は、さらなる深みとバランスを加えるために、これまで同社のコーヒービールで何度もコラボレーションしているサンフランシスコベイエリア生まれの自然派ロースタリー「BICYCLE COFFEE TOKYO」で特別にブレンドされた焙煎香の強いコーヒー豆と甘さを演出するカカオニブを追加。

まるでチョコレートのように滑らかでまろやかなマウスフィールと、そしてコーヒーとチョコレートのアロマとフレーバーを楽しむことができるといています。

BICYCLE COFFEE TOKYOについて

2009年サンフランシスコ ベイエリアで創業。「We roast quality coffee grown by sustainable farms and deliver it by bicycle」をコンセプトに、フェアトレードされた最高品質のサステイナブルコーヒーを自家焙煎し、自転車で取引先にデリバリーしているロースタリーです。日本では2013年から東京支部としてBICYCLE COFFEE TOKYOをオープンさせ、日々フレッシュなコーヒーを販売しています。

 

「Off Trail Cyclocross Mocha IPA」概要

商品名
商品名 Off Trail Cyclocross Mocha IPA(オフトレイル シクロクロスモカアイピーエー)
販売開始日
販売開始日 2021年7月29日(木)
価格
価格 オープン価格
原材料
原材料 麦芽(外国製造)、ホップ、糖類、コーヒー豆、カカオニブ
スタイル
スタイル Barrel Aged IPA and Strong Ale with Cacao Nibs and Coffee Beans
アルコール度数
アルコール度数 9.50%
品目
品目 ビール
醸造所
醸造所 Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
仕様 750ml瓶、330ml瓶、10L樽
Webサイト
「Off Trail Cyclocross Mocha IPA」販売ページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!