「和梨のヴァイツェン」発売!神奈川と新潟の“訳あり梨”活用

サンクトガーレン「和梨のヴァイツェン」

サンクトガーレンは2020年10月15日(木)、表面の傷やいびつな形などによって“出荷不可”となっていた、地元神奈川および新潟の梨を使用したビール「和梨のヴァイツェン」を発売します。

 

「豊水」「幸水」等を約350kg使用

昨年と同様、10月に横浜赤レンガ倉庫で開催予定だった「横浜オクトーバーフェスト」にて樽生で提供すべく製造していたという本商品ですが、新型コロナウイルスの影響で直前に同イベントが中止となったため、急遽、今回のボトル販売となりました。

<昨年の販売>

今年は長雨と日照不足によって“蜜(みつ)症”の梨が大量発生していたとのこと。リンゴでは喜ばれる蜜も、梨に発生すると食感が悪くなることや、見た目の問題で出荷不可になってしまうそうです。

そこでサンクトガーレンは、地元神奈川県小田原の梨に加え、新潟県の農家さんからのSOSを受けて、「豊水」「幸水」「菊水」「新高」等の梨を計約350kg買い取ってビールづくりに使用しました。

 

サンクトガーレン「和梨のヴァイツェン」

ビアスタイル(ビールの種類)は、小麦麦芽を主原料としたフルーティーな「ヴァイツェン」がベース。そこに、細切れにした梨、ペーストに加工した梨、ジュースに加工した梨を3段階に分けて加えていったとのこと。

ヴァイツェンに使うヴァイツェン酵母には、もともと梨や桃にたとえられる甘い香りがあり、そこに本物の梨を合わせて使用することで、瑞々し フルーティーなビールに仕上がったとしています。

 

「和梨のヴァイツェン」概要

※ 本商品は日本で認められている量以上の果物を使用しているため“発泡酒”表記になりますが、麦芽率は50%以上なので酒税はビールと同じになっています。

品目
発泡酒
内容量
330ml
原材料
麦芽、ホップ
副原料
梨(神奈川、新潟産)
アルコール度
5.5%
IBU
18
発売日
2020年10月15日(木)
瓶容量
330ml
希望小売価格
460円(税別)
販売場所
直営オンラインショップ、京王百貨店新宿店、そごう横浜店 、信濃屋食品(一部除く)ほか
Webサイト
商品案内ページ(サンクトガーレンHP)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!