台風15号による落下梨を活用した「和梨のヴァイツェン」発売!

投稿日時 更新日時2019-10-13

サンクトガーレン「和梨のヴァイツェン」

サンクトガーレンは2019年10月4日(金)、9月の台風15号で落下した神奈川県の梨を使用して、フルーツビール「和梨のヴァイツェン」を発売しました。20日(日)まで横浜赤レンガ倉庫で開催されている「横浜オクトーバーフェスト2019」のサンクトガーレンブースで販売されます。

 

「豊水」「幸水」「菊水」など計約350kgを使用

サンクトガーレン「和梨のヴァイツェン」

神奈川のオレンジを使用したフルーツビール「湘南ゴールド」の製造販売を行っていたことで、もともと神奈川のJAと付き合いがあったというサンクトガーレン。今回は同JAから、9月の台風15号で収穫直前に落下してしまった大量の梨を何かに使えないかとの相談を受け、急遽その梨の買い取りとビールの製造を決定したそうです。

使用したのは小田原市の落下梨で、品種は「豊水」「幸水」「菊水」など合計約350kg。小麦麦芽を主原料としたフルーティーなヴァイツェンというビアスタイル(ビールの種類)をベースに、細切れにした梨、ペーストに加工した梨、そしたジュースに加工した梨をそれぞれ加えて製造したとのこと。

ヴァイツェンを製造する際に使用するヴァイツェン酵母にはもともと梨や桃にたとえられる甘い香りがあり、そこに本物の梨を合わせて使用することで、瑞々しくフルーティーな仕上がりになったとしています。

アルコール度数は5%。300ml中グラスが800円、500ml大グラスが1,100円で販売されており、今回のオクトーバーフェスト期間を通じて約3000杯の提供を見込んでいるとのことです。

 

訳あり果物の活用で農家ともWin-Win

サンクトガーレン「和梨のヴァイツェン」

サンクトガーレンでは今回の商品だけでなく、オレンジリンゴを使ったフルーツビールも製造しています。使っているのは、いずれも果物としての風味は問題ないものの、外観などに難がある“訳あり果実”。先日は山梨の“訳あり桃”を使ったビール「7種の桃のエール」も発売しています。

サンクトガーレンのフルーツビールは香料などに頼らず果実本来の香りや味わいを引き出すため、果物をたっぷり贅沢に使っているそう。訳あり果物の利用は、農家にとっては売り物にならない果物が売れてハッピー、そして同社にとっては安く果物を譲ってもらえてハッピーというWin-Winの関係とのことです。

「横浜オクトーバーフェスト2019」のサンクトガーレンブースでは、今回の「和梨のヴァイツェン」に加えて、下記のフルーツビールも味わうことが出来るとしています。

「和梨のヴァイツェン」販売情報

「横浜オクトーバーフェスト2019」サンクトガーレンブース

販売場所:「横浜オクトーバーフェスト2019」サンクトガーレンブース
日程:2019年10月4日(金)~20日(日)
場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
公式サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ