アップルパイ風味(!?)のビール「アップルシナモンエール」

投稿日時 更新日時2019-09-14

サンクトガーレン「アップルシナモンエール」

サンクトガーレンは2019年9月26日(木)、500個の焼リンゴを使ったというアップルパイ風味のビール「アップルシナモンエール」を秋冬限定で販売します。長野県伊那市の“訳あり”リンゴを有効活用したビールです。

 

カラメルモルトや焼きリンゴを贅沢に投入

サンクトガーレン「アップルシナモンエール」

本商品は、麦芽(モルト)を軽く焦がした「カラメルモルト」を特徴的に使用している琥珀色のビール。麦芽の名前通り、カラメルソースのような甘く香ばしい風味がもたらされているとのことです。

そのうえで、副原料には500個もの焼リンゴが、シナモンおよびメープルシュガーとともに加えられており、まるでアップルパイのような風味が楽しめるそう。本物のアップルパイとの相性も抜群で、クッキーなどの焼き菓子と合わせるのもおススメとしています。

 

長野県伊那市の“訳あり”リンゴを有効活用

サンクトガーレン「アップルシナモンエール」

本商品に使用しているリンゴは、果物としての品質自体は100%問題ないものの、表皮に傷がついていたり大きさが規格外だったりと、単に外見上の理由で売り物にならない、いわゆる“訳あり品”。サンクトガーレンはここ数年、長野県伊那市からそうした訳ありリンゴを買い取ってビールに加工しています。

1回の仕込みで投入したリンゴは500個にもなったそうで、1シーズンでは2500~3000個を使う見込みとのこと。9月はつがる、 10月はジョナゴールド紅玉シナノスイート 、11月はふじ、と季節の移ろいとともに旬の品種を使っていくそうです。

その仕込み工程は、まるでお菓子づくり。厚木市内にある製パン店のオーブンを借りて、500個のリンゴを丸1日かけて焼きあげたのち、翌1日かけてビールを仕込んでいくそうです。

 

概要「アップルシナモンエール」

サンクトガーレン「アップルシナモンエール」

※ 左:通常ラベル、右:ハロウィンラベル版

品目
発泡酒
※ このビールには日本の酒税法で認められている以上の量のリンゴを使用しているため“発泡酒”表記です。麦芽率は高いので税率はビールと同じです。
内容量
330ml
※ 他に業務用樽も提供
希望小売価格
460円(税抜)
販売場所
オンラインショップ、サンクトガーレン取扱い各店。公式サイトに随時掲載。
※ オンラインショップでは、発売日当日に商品が届くよう予約注文受付中。
発売日
2019年9月26日(木)~2020年3月末まで
※ 期間中は継続生産します。
オンラインショップ
「アップルシナモンエール」(通常版)
「アップルシナモンエール」(ハロウィンラベル版)
サンクトガーレン「アップルシナモンエール ハロウィンラベル版」

※ 写真のボトルはハロウィンラベル版。日本ではハロウィンといえばカボチャですが、欧米ではリンゴも欠かせないもの。それにちなみ、ラベルのリンゴ部分がジャック・オー・ランタンになったハロウィンラベル版も9月26日~10月末まで販売されます。

 

その他、販売情報

サンクトガーレン取扱いビアバー、サンクトガーレン出店イベントでは樽生でも提供されます(下記以外も随時公式サイトにて更新)。

イベント:横浜オクトーバーフェスト2019
日程:2019年10月4日(金)~20日(日) 
場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
Webサイト:公式サイト
イベント:あつぎハロウィーン2019
日程:2019年10月27日(日)10時から16時 
場所:本厚木駅周辺
Webサイト:厚木市ホームページ
店舗:Bakery&Beer Butchers (ベーカリー アンド ビア ブッチャーズ)
シャルキュトリー工房とパン工房を併設したビアレストラン。朝9時のモーニングから、ランチ、ディナーと1日中サンクトガーレンの樽生ビールを8種類提供。本店舗ではアップルシナモンエールの在庫がある限りずっと樽生で提供される予定です。
住所:神奈川県厚木市中町2‐7‐16 内田ビル1F(アクセス:小田急線 本厚木駅 徒歩5分)
電話:046-259-9125
営業時間:9:00~22:00
定休日:月曜日
Webサイト:食べログ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ