禁断のビールブレンドを楽しもう! ベアレン「特別醸造ビール頒布会」が2017年8月8日(火)受付開始

2017-08-31

ベアレン醸造所は2017年8月8日(火)、ビールをブレンドして楽しむ3ヶ月コース「特別醸造ビール頒布会」の申込み受付を800口限定で開始します。

 

あえて専門家の視点でブレンドを提案

今回の頒布会は、ヨーロッパの伝統的な製法でクラシックビールを造り続けるベアレン醸造所が、昨今のクラフトビールブームに呼応しつつ“ビールの新しい楽しみ方”として企画したもの。

テーマは「ビールのブレンドを楽しむ」こと。愛好家や専門家にとって、ビールをブレンドすることは一種のタブーであり邪道と捉えられることもありますが、今回はあえて専門家の視点で「混ぜて生まれる新たなビール」の楽しみ方を提案することとなりました。

 

毎月変わるテーマに合わせて届く12本の“研究キット”

頒布会の具体的なメニューは、月ごとに変わる下記の研究テーマに合わせて12本の“研究キット”が届くというもの。試薬びんをイメージしてデザインされたユニークなラベルの横には目盛もついていて、自分でどれくらいのビールをブレンドさせたかが確認できるそう。まるで実験しているような気分で、自分にとってベストな割合のブレンドを発見できるとのことです。

価格は1ヶ月あたり4,500円(税込、送料無料)で、期間は9月~11月までの3ヶ月。先着800口限定となります。

9月テーマ「ホップのブレンドを楽しむ」

ドライホッピングでホップの特徴を出した複数のビールをブレンドすることで、香りのマリアージュ、新たな味わいを楽しみます(アルコール5%)。
シュパルタセレクト(マイルドで繊細な香り)
ハラタウカスケード(シトラスとフローラル、柑橘系)
ハラタウブラン(フルーティーでフローラル、白ワインのような香り)
ミッテフリュー(フローラルでフルーティー、昔からあるホップ)※各3本ずつ

 

10月テーマ「濃色と淡色、苦みの強いものと弱いものをブレンドする」

ハーフ&ハーフをベアレンらしい新たな切り口で提案し、色のブレンドだけでなく、ロースト香、苦みなどの要素も加味したブレンドを楽しみます(アルコール5%)。
淡色の苦みあるラガー(IBU40)
濃色のまろやかラガー(IBU20)※各6本ずつ

 

11月テーマ「長期熟成と若いビールのブレンドを楽しむ」

長期熟成のビールと若いビールのブレンドを提案します(アルコール6%)。
長期熟成メルツェン(6か月以上熟成)※2本
通常熟成メルツェン(1か月ほど熟成)※5本
若ビールメルツェン(熟成なし)※5本

 

今回のコースを申し込んだ方には、ノベルティとして「ベアレンオリジナルアドベントカレンダー」のプレゼントも(11月の商品に同梱)。また、今後はベアレンを取り扱う都内の飲食店でも、同様にブレンドビールを楽しめるコースを提供する予定とのことです。

ブルワリーが示してくれるテーマやガイダンスも参考にしつつ自分でビール同士をブレンドするというのは、すごく斬新な愉しみ方だと思います。自分なりの味わいを探してブレンドを繰り返すうち、一晩で飲み過ぎないよう注意したほうが良さそうです♪

ベアレン醸造所「特別醸造ビール頒布会」
<内容>
3ヶ月セットでの申し込み(1ヶ月12本)
<価格>
4500円×3ヶ月(税込、送料無料)
※ 一括払いの場合、割引あり
<締切>
9月30日(土)
※ 800口限定、完売次第完了
<申し込み先>
フリーコール0120-934766
<Webサイト>
Webショップ
<直売所>
北山工場直売所

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でAlwaysLoveBeerをフォローしよう!