千葉商科大学が地元産トマトを活用したオリジナルビールを開発!

千葉商科大学「ルビール」

千葉商科大学CUC)人間社会学部の勅使河原隆行教授ゼミナールは2021年10月18日(月)、地域活性化への貢献を目的に開発したというオリジナルクラフトビール「ルビール」を、千葉県市川市内の酒類取扱店4店舗で発売します。

 

果実のようにフルーティな香り

地域活性化と障がい者の就労支援を掲げ、障がい者が生産に関わる野菜の販路拡大を通した廃棄(食品ロス)対策、さらには農福連携の後押しを目指したという同ゼミナール。そこで今回は、千葉県内の障害者福祉施設・社会福祉法人佑啓会ふる里学舎蔵波で栽培しているトマトを原料に使用したとのことです。

開発テーマは、トマトの花言葉でもある「感謝」。商品名である「ルビール」は、トマトの赤を愛の象徴である宝石ルビーに見立て、コロナ禍で改めて気づいた愛や感謝の気持ちを表現したとしています。

コンセプト決めから、使う野菜の選定、ビール工房や福祉施設・販売先との交渉からラベルデザインに至るまで、同ゼミ3・4年生の計38名()が開発に関わったそうです。

※ 商品開発に関わった学生は全員20歳以上。

そうして完成した「ルビール」は、果実のようにフルーティな香りのする仕上がりに。丸ごと潰したトマトを入れて醸造しているため、小さな果肉が入っているのが特長で、少しトマトの青みを感じる味わいは、口当たりさわやかですっきりしているとのこと。苦みが少なく、普段ビールを飲まない方でも飲みやすい仕上がりになったとしています。

今回は初回で小ロット生産(150本)となりましたが、販売実績に応じて徐々に生産量を増やすことも検討しているとのこと。今後は野菜以外にも季節ごとに新しい味のビールを開発する構想としています。

 

CUCオリジナルクラフトビール「ルビール」概要

商品名
CUCオリジナルクラフトビール「ルビール」
品目
発泡酒
内容量
330ml びん
価 格
1本630円(税込)
アルコール分
5%
原材料
トマト(千葉県産)・麦芽・糖類・ホップ
販 売
原田屋 行徳店、リカージャック富浜店、リカージャック原田屋 市川店、株式会社CUCサポート(いずれも千葉県市川市)
Webサイト
郵送の注文受付(株式会社CUCサポートから商品発送)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!