ヤッホーブルーイング、「軽井沢高原ビール 2017年 秋限定」を軽井沢エリア限定で9.1(金)発売

2017-09-07

ヤッホーブルーイングは「軽井沢高原ビール 2017年 秋限定」を、2017年9月1日(金)より軽井沢エリア限定で発売します。軽井沢土産の定番として、「軽井沢星野エリア」のカフェ「ハングリースポット」はじめ、町内のスーパー・コンビニ・土産店ほか、軽井沢エリアの各所で購入可能。

 

ロースト・ナッツのような香ばしさに、キャラメルのような麦芽の香り

「軽井沢高原ビール」シリーズは、バラエティ豊かなクラフトビールの世界を楽しめるよう、毎年異なるビアスタイル(種類)で提供されています。今年2017年秋は6種の麦芽とオーツ麦を使用した「ブラウンエール」となりました。

ブラウンエールの歴史は古く、17世紀末の英国が発祥と言われているそう。今回そのブラウンエール醸造にあたり、ヤッホーブルーイングでは6種の麦芽とオーツ麦が織り成す奥行きある麦芽の香味と、しっかりコクを感じる口当たりのバランスにこだわったとのこと。口に含むとローストしたナッツのような香ばしさ、そしてキャラメルのような麦芽の香りが甘く穏やかに広がるとしています。

日が落ちるとぐっと気温が下がる軽井沢の秋。たとえば暖かくした部屋で、好きな音楽や料理と一緒にゆっくりと味わえる、大人のエールビールとして楽しめそう。

 

「軽井沢高原ビール 2017年 秋限定」
<ビールの種類(スタイル)>
ブラウンエール
<アルコール分>
5%
<原材料>
麦芽・麦・ホップ
<内容量>
350ml缶(24缶/1ケース)
<希望小売価格>
315円/本 7,560円/ケース(税抜)
<発売日>
2017年9月1日(金)※数量限定
<賞味期限>
製造日より5ヶ月

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ