COEDOビールが復活祈念エール(ALE)で川越まつりにエール(YELL)!

COEDO「祭エール –Matsuri Ale-」

COEDOコエド)は2021年2月15日(月)、新型コロナの影響で2020年の開催が中止となった地元川越市の「川越まつり」復活を祈念すべく、特別醸造したというクラフトビール「祭エール –Matsuri Ale-」を発売します。

 

川越産のお米を使いスッキリした味わいに

応援の「エール(Yell)」と、上面発酵ビールを意味する「エール(Ale)」を掛けて、これまでもさまざまな団体のために“アニバーサリー”エール(ALE)を醸造し、エール(YELL)を送ってきたというコエドブルワリー。

今回は、2020年に開催中止となった地元の「川越まつり」復活を祈念したビールをつくり、売上の一部を次年度開催に寄付することとなりました。

本商品は、明るく淡い黄金色とクリーンな苦味、ヨーロッパ伝統のノーブルホップが持つ柔らかいアロマが特徴で、埼玉県川越市産のお米を使うことでスッキリとした飲み口でバランスの取れた仕上がりになったとのこと。ラベルには平成4年開催時のポスターデータが使用されているそうです。

 

全国のお祭り応援プロジェクトも始動

川越まつり

ユネスコ無形文化遺産にも指定されるている川越まつり

コエドブルワリーは今回の川越まつり応援を第1弾として、今後、全国各地で中止となってしまったお祭りを応援する「COEDO MATSURI YELL PROJECTコエド・祭り・エール・プロジェクト)」を始動。それぞれお祭り復活に向けたエールを送るべく、各地域のご当地米をテーマとしながら、特別なビールを醸造していく予定としています。

【祭エール-Matsuri Ale-発売に寄せて】
現代の日本において、疫病によって、私達の生活や仕事がこんなにも影響を受けるとは思いもしませんでした。このニューノーマルと呼ばれる環境の下で、多くの方々が閉塞感、焦燥感、喪失感を感じておられることと思います。地域を拠点としたクラフトビールだからこそできる、少しでもお役に立てるようなことはないだろうか、と考えていました。ビールには人々をつなぐ不思議な力があると思っています。With Coronaの中だからこそ改めて感じる大切な祭りに、スタッフ一同丁寧に仕込んだ特別なビールでエールを送らせていただき、皆様に笑顔でビールをお楽しみいただきますれば幸いです。今年の祭りが無事に開催されますことを心よりお祈りしております。
株式会社協同商事 コエドブルワリー
代表取締役社長 朝霧重治

 

「COEDO 祭エール-Matsuri Ale-」概要

商品名
COEDO 祭エール-Matsuri Ale-
原材料
麦芽、米(埼玉県川越市産)、ホップ(Tettnanger/テトナンガー、Saphir/サファイア)
種別
ビール
ビアスタイル
ペールエール
IBU
18.3

※ IUB:ビールの苦味を表す国際単位

アルコール分
5%
内容量
350ml
Webサイト
川越まつり公式サイト
COEDO公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!