第1回 国際発酵・醸造食品産業展

岩手産果実でつくる新ブランド! ベアレンがドライシードル発売

ベアレン醸造所「ベアレンOur Hour ドライシードル」

ベアレン醸造所(岩手県盛岡市)2022年10月19日(水)、岩手県産果実でつくる小瓶入り微発泡果実酒の新ブランド「Our Hour」から、「ベアレン Our Hour ドライシードル」を発売しました。

 


“いわて果実の微発泡ワイン”がコンセプト

ドライサイダー」「ゆずサイダー」「山葡萄スパークリング」と、これまでさまざまな果実酒を醸造してきたベアレン醸造所。特にサイダーは、国内外20人のトップ専門家が審査する日本で唯一のシードルコンクール「フジ・シードル・チャレンジ」にて、「ドライサイダー」で3年連続入賞、「ゆずサイダー」で最高賞を受賞しています。

今回は、これら果実酒のリブランディングで新たに始動したブランドが『Our Hour』です。キャッチコピーは”一緒に飲めば、ちょうどいい。いわて果実の微発泡ワイン”。県産果実でつくるスパークリングワインを、少人数化が進む飲酒シーンで気軽に楽しめるようにしたとのこと。小瓶および微発泡というビール会社の強みを生かし、新たな市場開拓を目指すとしています。

 

保存料&着色料ゼロで高品質な果実味

ベアレン醸造所「ベアレンOur Hour ドライシードル」

そんな新ブランド第1弾が今回の「ベアレンOur Hour ドライシードル」であり、2014年から醸造しているりんごの果実酒「ベアレンドライサイダー」のリニューアル商品となります。

ドライシードルは、フランスから英国、そして世界中に広まり愛されているりんごのお酒で、ベアレン醸造所では毎年秋ごろにつくられています。100%岩手県産のりんごを使用し、毎年近隣のりんご農家の方々から直接取り寄せ、製造スタッフが自らの手で搾汁機にかけているそう。保存料、着色料は一切使用せず、高品質な果実味を贅沢に感じることができるほか、その年のりんごの出来や品種で味わいが異なるため、その年その年で違いを楽しむことができるのもドライシードルの醍醐味としています。

 


「ベアレン Our Hour ドライシードル」概要

ベアレン醸造所「ベアレンOur Hour ドライシードル」
商品名
「ベアレン Our Hour ドライシードル」
原材料
りんご
スタイル
シードル
アルコール度数
6.5%
販売開始
2022年10月19日(水)
希望小売価格
385円(税込)
主な販売先
北山工場直売所、ベアレンWeb ショップ、直営レストラン、県内スーパー・酒販店・百貨店、県外酒販店・アンテナショップ他
Webサイト
「ベアレン Our Hour ドライシードル」本店Webショップ
「ベアレン Our Hour ドライシードル」楽天ショップ
「ベアレン Our Hour」特設ページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!