ベアレン醸造所、滝沢産りんご使用のドライサイダーを限定発売!

ベアレン醸造所ベアレン 滝沢ドライサイダー

ベアレン醸造所(岩手県盛岡市)は2021年12月27日(月)、岩手県滝沢市産のりんごを使用して醸造したという果実酒「ベアレン 滝沢ドライサイダー」を、限定ラベルにて数量限定発売しました。約1,400本の超数量限定商品として、主に滝沢市のストアや滝沢市ふるさと納税返礼品で販売・使用されます。

 

1本につき約2個のりんごを使用

ベアレン醸造所が毎年秋ごろに岩手県産りんご100%で醸造している「べアレン ドライサイダー」。6回におよぶ今年のサイダー醸造のうち、5回目となる12月に仕込んだ今回の「ベアレン 滝沢ドライサイダー」は、滝沢市観光協会とのコラボにより、昨今中止が続くイベントに代わる商品として開発されたそう。

りんごの搾汁からすべて醸造スタッフ自ら行っているという本商品は、1本につき約2個分のりんごを使用しており、酸化防止剤は無添加。甘味料なども一切使用しておらず、りんご本来の甘み、みずみずしさを味わえる点が特徴としています。

 

滝沢市産のりんごを使用(写真はイメージです)

滝沢市産のりんごを使用(写真はイメージです)

昼夜の寒暖差が激しい岩手山麓にあって甘くて美味しいりんごを生産するのに適しているという滝沢市では現在、数十種類ものりんごが生産されているそう。本商品は、そんな滝沢産りんごの糖を酵母が活発に吸収し、しっかりと発酵したことで、よりドライですっきりとした味わいに仕上がっているとのこと。発酵には白ワイン酵母を使用し、およそ一か月かけて醸造しているそうです。

 

ベアレン醸造所「ベアレン 滝沢ドライサイダー」

今回は約1,400本の数量限定となっており、主に同社工場直売所、滝沢ビッグルーフ(滝沢市内スーパー)および滝沢市ふるさと納税返礼品にて販売予定。ラベルデザインは、200年以上の歴史を誇る、農耕馬に感謝を示す岩手県の行事「チャグチャグ馬コ」をモチーフにしたデザインとなりました。

 

「ベアレン 滝沢ドライサイダー」概要

商品名
「ベアレン 滝沢ドライサイダー」
原材料
りんご
製造数
約1,400本(300ml瓶)
スタイル
サイダー
主な販売先
北山工場直売所、滝沢市ふるさと納税返礼品、滝沢ビッグルーフ(1月から販売開始)
アルコール度数
6.5%
販売開始
2021年12月27日(月)
希望小売価格
367円(税込)/300ml瓶

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!