ビヤホールライオン銀座七丁目店、3月12日から場所取り不要の「お花見ビヤホール」開催

2018-03-15

ビヤホールライオン銀座七丁目店「お花見ビヤホール」

ビヤホール・レストランなどを運営するサッポロライオンは、東京・中央区の「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」にて2018年3月12日(月)から4月22日(日)まで、店内を大々的に桜で装飾したイベント「お花見ビヤホール」を実施します。

 

現存する日本最古のビヤホールで“エア花見”

 

「お花見ビヤホール」は、3月から4月にかけて本格シーズンとなる「お花見」を屋内で手軽に楽しんでもらうという企画。寒さ対策、場所取り、そして準備・片付け等の手間をかけず、現存する日本最古のビヤホール内で“エア花見”ができるイベントです。

桜の装飾期間は2018年3月12日(月)から4月22日(日)まで。また、期間中の4月8日(日)には本店舗が創建84周年を迎えるということで、3月12日(月)から4月8日(日)まではスペシャルキャンペーンも実施。17時以降に来店した方にはハズレ無しのスクラッチカードが1枚プレゼントされるそうで、こちらは4月9日(月)から5月31日(木)に利用できるソーセージ5種盛合せ生ビール大ジョッキの半額券等になるとのことです。

<「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」の歴史>
1934年(昭和9年)4月8日、当時の大日本麦酒(株)本社として竣工したビルの1階にビヤホールが開店。戦時中に空襲により多くのビヤホールは焼失または疎開のため取り壊されましたが、「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」は空襲を免れ、戦後は1945年(昭和20年)9月11日に接収され進駐軍専用のビヤホールとなりました。そして、1952年(昭和27年)1月に接収が解除され、再度一般の人々も利用できる店舗となり現在に至ります。

 

概要「お花見ビヤホール」

開催期間
2018年3月12日(月)~4月22日(日)
スクラッチカード配布期間
2018年3月12日(月)~4月8日(日)
※ 景品の利用期間は4月9日(月)~5月31日(木)
開催店舗
ビヤホールライオン 銀座七丁目店
住所
東京都中央区銀座7-9-20 銀座ライオンビル1F
電話
03-3571-2590
営業時間
月~土 11:30~23:00
日・祝 11:30~22:30
席数
280席
Webサイト
「サッポロライン」公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ