日米ブルワリーのコラボによる樽熟サワーエールが今年も発売!

Far Yeast Brewing、Culmination Brewing「Off Trail #20 Kriek in the Barrel 2022」

Far Yeast Brewingファーイーストブルーイング、山梨県小菅村)は2022年1月20日(木)、米オレゴン州ポートランドのブルワリー Culmination Brewingとのコラボレーションビール「Off Trail #20 Kriek in the Barrel 2022」を発売します。

Far Yeast Brewing公式オンラインストアでは1月11日(火)13時に先行予約受付を開始します。

 

世界的にも高い評価

Far Yeast Brewing、Culmination Brewing「Off Trail #20 Kriek in the Barrel 2022」

「Off Trail #20 Kriek in the Barrel 2022」330mlボトル

Kriek in the Barrel」は、初リリースとなる2019年の「Asia Beer Championship 2019」で銅賞を受賞したのち、2021年2月発売の第2弾で「Asia Beer Championship 2021」金賞、「European Beer Star2021」銀賞を受賞。世界的にも高い評価を得ており、今後も冬のシーズナル商品として毎年リリースしていく予定とのこと。その3回目醸造となる今作も、過去2作と同じくCulmination Brewingとのコラボレーションとなりました。

Kriekクリーク)とは、もともとベルギーのビアスタイルの⼀種で、⾃然発酵ビールのランビックにチェリーを加えたフルーツサワーエール。「Kriek in the Barrel」は伝統的なKriekからインスピレーションを得ながら、製法にオリジナリティを加えて醸造したとしています。

 

樽熟成ならではの奥深い味わい

Far Yeast Brewing、Culmination Brewing「Off Trail #20 Kriek in the Barrel 2022」

「Off Trail #20 Kriek in the Barrel 2022」750mlボトル

「Kriek in the Barrel 2022」は、ケトルサワリングによって乳酸発酵させたレッドエール麦汁に、ブレタノマイセス系の酵母を加えてオーク樽で17ヶ月間発酵・熟成させ、チェリーを漬け込んだというバレルエイジドサワーエール

ライトボディながら果実味豊かな味わいが特徴という本商品は、樽熟成によるウッディ―な香りや酸味など多様なキャラクターが共存し、複雑な味わいが楽しめるとのこと。グラスに注ぐと美しいガーネットレッドカラーのなか、赤ワインビネガーや新鮮なレッドチェリー、バラのアロマが。そこに穏やかなチェリーの酸味とバレルエイジドならではの革のようなファンキーなノートが溶け合い、フィニッシュはドライでフルーティーとしています。

 

「Off Trail #20 Kriek in the Barrel 2022」概要

商品名
Off Trail #20 Kriek in the Barrel 2022
販売開始日
2022年1月20日(木)
希望小売価格
オープン価格
原材料
麦芽(外国製造)、チェリー、糖類、ホップ
アルコール度
7.9%
スタイル
Barrel Aged Sour Ale with Cherries
品目
発泡酒
醸造所
Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
750ml瓶、330ml瓶、10L樽
Webサイト
Far Yeast Brewing 公式オンラインショップ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!