「ビールの縁側」始動!鮮度保てる専用樽でブルワリーから直送

「ビールの縁側」

原田産業(大阪府大阪市)は2021年4月27日(火)、日本各地のクラフトビールを樽生&ビール醸造所(以下、ブルワリー)からの直送で楽しめるという、新しいビール提供サービス「ビールの縁側」を正式にリリースしました。

 

樽生を自宅でもアウトドアでも

「ビールの縁側」は、自宅での晩酌だけでなくキャンプやBBQまで多様なシーンで、お店で飲むような高い鮮度の樽生クラフトビールを楽しめるというサービスです。

会員登録費用や月額費用は不要。サイト上でブルワリーやビールの種類、あるいは“味チャート”等、さまざまな分類から各地のブルワリーが出品したクラフトビールを探すことができ、好みのビールを好きなときに注文できる仕組みとなっています。

 

参画ブルワリーは60社以上

「ビールの縁側」

現在は全国60社以上のブルワリーが出品予定で、今後も出品ブルワリーは拡大予定とのこと。

また、出品ビールの種類は無制限で、かつ参加ブルワリーの定番ビールや期間限定ビールに加えて、ボトルで流通していないビールも出品予定ということで、今までにない豊富なラインナップからビールを選ぶことが可能になるとしています。

 

開封後も長期間鮮度を保持可能

「ビールの縁側」

プラスチック製の専用樽『飲ん樽』(写真は3L、ビールは『八ヶ岳ビールタッチダウン デュンケル』)

現在、クラフトビールの小売販売は瓶や缶の流通が主流となっていますが、「ビールの縁側」では樽生での提供という点が大きな特徴となっています。

注文を受けたブルワリーは、生のクラフトビールを『飲ん樽』と呼ばれる3Lまたは5Lの専用樽()に詰めて直送します。

※ 樽サイズ:3L(高さ25cm×直径17cm)、5L(高さ30cm×直径20cm)

「ビールの縁側」

『飲ん樽』内部の構造

国際特許申請中という『飲ん樽』は、9層構造の特殊フィルムでつくられたインナーバックで守られており、中のガスを逃さず、外の酸素に触れにくい構造になっているそう。このため、開封後も長期間鮮度を保持でき、ビールを長くおいしく、好きなタイミングで好きな量楽しめるとしています。

樽は横に倒しても保管可能なので、冷蔵庫でそのまま冷やすことができるほか、使い切ったあとは家庭ゴミとして廃棄できます。

 

サービングには電気もガスも不要

また、洗浄して繰り返し使える専用ポンプ()でサービングできるため、月額費用も発生せず、特殊な機材・機器のレンタルも必要ないそう。

サービングには電気もガスも不要。好きな場所で好きなときに樽から注げるため、自宅はもとよりアウトドアでも気軽に利用できるとしています。

※ 専用ポンプは初回利用時に別途購入が必要

 

「ビールの縁側」概要

「ビールの縁側」

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!