米CAの人気ブルワリー「Casa Agria」のヘイジーIPA2種が発売!

アメリカンクラフトビールの輸入卸を行うナガノトレーディングは2021年9月9日(木)、米カリフォルニア州LA近郊に拠点を置くブルワリー Casa Agria Specialty Alesカサ アグリア スペシャリティエール(以下、カサ アグリア)が醸造するビールの輸入販売を開始します。

販売は、同社が運営するアメリカンクラフトビールのボトルショップ&テイスティングルーム「Antenna Americaアンテナアメリカ)」をはじめ、全国の酒販店・飲食店にて。

 

カリフォルニア屈指のブルワリーに成長

樽内発酵や樽熟成を行ったバレルエイジドビール、複数の野生酵母を使って発酵させたファームハウスエール、さらには創意工夫を凝らしたIPA等にこだわりを持つというカサ アグリア。

2015年にオレゴン大学でともに建築デザインを学んでいた同級生のエリック・ドリュー氏とマイク・ウェアント氏、そして後から加わったライアン・エクスライン氏によって、CA州南部のベンチュラ郡に誕生した当時は、50坪ほどの敷地に発酵タンク1つとささやかなテイスティングルームが併設されただけの施設だったそうです。

しかし、今では発酵タンクも11基に増えるなど規模を拡大しており、カリフォルニアで最も人気のあるヘイジーIPAと樽熟成ワイルドエール生産者の1つに成長したとのこと。

最近は"ダンク"なウェストコーストIPA、バレルエイジドスタウト、そして爽やかなピルスナー等、商品のバラエティを拡げているという同ブルワリーですが、今回は創業当初から力を入れており、CA州でも高く評価されているヘイジーIPA2種が日本で販売されることとなりました。

 

「カサ デル ノルテ(Casa Del Norte)」

Casa Agria Casa Del Norte / カサ アグリア カサ デル ノルテ

ホップにNelson、Citra、Ekuanot、Simcoeをふんだんに使ってドライホッピングし、オーツ麦と小麦で醸造したヘイジーIPA。トロピカルフルーツ、砂糖漬けレモン、ジューシーなミカンを思わせるリッチなフレーバーとしています。

ABV
7.1%
酒類
ビール
原材料
麦芽、小麦、オーツ、ホップ
ホップ
Nelson, Citra, Ekuanot, Simcoe
スタイル
Hazy IPA
内容量
473ml
容器
CAN

「レオ ザ クラブ(Leo The Crab)」

Casa Agria Leo The Crab / レオ ザ クラブ

モルトにはフロアモルティングで知られるMaris Otter、Malted Wheat、Golden Naked Oatsを使い、滑らかで柔らかな口当たりを引き出したというヘイジーダブルIPA。ホップにはAmarillo、Citra、Enigma、Mosaicの4種をブレンドし、大量投入した力作としています。

ABV
7.9%
酒類
ビール
原材料
麦芽、小麦、オーツ、ホップ
ホップ
Amarillo, Citra, Enigma, Mosaic
スタイル
Hazy Double IPA
内容量
473ml
容器
CAN

Casa Agria 特集ページ(アンテナアメリカHP)

https://www.antenna-america.com/blogs/features/brewery-casaagria

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!