COEDOとダンデライオン・チョコレートのコラボビールが発売!

コエド× ダンデライオン・チョコレート「チョコレート・デュンケル」

コエドビールは2021年1月28日(木)、米サンフランシスコのBean to Bar()チョコレートブランド「ダンデライオン・チョコレート」とのコラボレーションビール「Chocolate Dunkelチョコレート・デュンケル)」の出荷を開始します。

※ Bean to Bar(ビーントゥバー):カカオ豆からチョコレートバーになるまで一貫して製造を行うこと。

 

ドミニカ産カカオニブ&チョコレートを採用

デュンケルDunkel)」というビアスタイルをベースにダンデライオン・チョコレートの製品を使用した本商品は、2019年1月にも発売され、そのときは2週間で完売する人気だったそう。

今回は、カカオ豆の産地を前回のタンザニアからドミニカ共和国へ、瓶のサイズを大瓶から小瓶に変更したうえで、2018年に収穫したカカオ豆のカカオニブチョコレートを使用。モルト由来のほのかな甘みや、カカオの芳醇な香味とチェリーを想わせるおだやかな酸味のバランスを楽しめるとしています。

また、カカオニブとチョコレートは、サステナブルなカカオビジネスに取り組む生産者「ソルサル・カカオZorzal Cacao)」の製品を使用。発酵後の充填直前に「ホップガン」と言われる設備でカカオニブを循環させ、さらに豊かなカカオの香りを添加したとしています。

<ソル・サルカカオのストーリー>

一般発売は、ダンデライオン・チョコレートのオンラインストアおよび同社直営店「ファクトリー&カフェ蔵前」のほか、全国のスーパーマーケット、百貨店、酒販店、COEDOオンラインショップ、埼玉県川越市のCOEDO直営店「COEDOKIOSK」などで行われる予定。取り扱い店舗はコエドビールのウェブサイトにて随時案内を予定しているとのことです。

 

ダンデライオン・チョコレートについて

ダンデライオン・チョコレート

創業者トッド・マソニス(写真中央右)らによって2010年に創設。2008年に共同運営していたWEB事業売却を機に、友人のガレージを借りてチョコレートを作り始めました。100年以上前からある本来の製造法に立ち返り、本物のチョコレートを再現しようと突き詰めた結果が、Bean to Bar チョコレートでした。ダンデライオン・チョコレートでは、使用するカカオ豆の生産者のもとをすべて訪れ、時には発酵から乾燥までのプロセスについて対話し、直接交渉を行った上で、輸入しています。Bean to Bar をムーブメントから文化として根付かせることを目指しています。

 

「チョコレート・デュンケル」概要

商品名
COEDO × Dandelion Chocolate / Chocolate Dunkel
コエド× ダンデライオン・チョコレート「チョコレート・デュンケル」
原材料
麦芽、カカオニブ(ドミニカ共和国産)、チョコレート(ドミニカ共和国産)、ホップ
種類(品目)
発泡酒(麦芽使用率50%以上)
内容量
333ml小瓶
アルコール度数
5.5%
Webサイト
ダンデライオン・チョコレート オンラインショップ
COEDO オンラインショップ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!