Far Yeast、ウイスキー樽で熟成したインペリアルポーター発売!

Far Yeast Brewing、キリンディスティラリー富⼠御殿場蒸溜所「Off Trail From the Other Side」

Far Yeast Brewingファーイーストブルーイング、山梨県小菅村)は2022年6月9日(木)、キリンディスティラリー富⼠御殿場蒸溜所とコラボレーションにより、ウイスキー樽で熟成させたという限定ビール「Off Trail From the Other Side(オフトレイル フロム ジ アザーサイド)」を発売しました。

 


キリンディスティラリーとのコラボレーション

Far Yeast Brewing、キリンディスティラリー富⼠御殿場蒸溜所「Off Trail From the Other Side」

330mlボトル

⽊樽で熟成させるバレルエイジングの⼿法でビール酵⺟以外の微⽣物を活かし、リッチで複雑な味わいを引き出しているという「Off Trail」シリーズ。

その最新作「Off Trail From the Other Side」は、昨今続くジャパニーズ・ウイスキーの世界的⼈気でウイスキー樽が希少となっているなか、キリンディスティラリー富⼠御殿場蒸溜所(静岡県御殿場市)とのタッグで実現した、ウイスキー樽のみを熟成に使⽤した製品になります。

2021年秋、バーボンスタイルのヘビータイプグレーン原酒と、カナディアンスタイルのミディアムタイプグレーン原酒を熟成したウイスキー樽を譲り受け、インペリアルポーターを仕込み、約5ヶ⽉間熟成。その後2022年春に両社のメンバーが会し、熟成したビールのなかから、ビールとウイスキーのフレーバーがベストなバランスとなる組み合わせを⾒つけ出したそうです。

 

ドライプラムやラズベリーの⾹り

Far Yeast Brewing、キリンディスティラリー富⼠御殿場蒸溜所「Off Trail From the Other Side」

750mlボトル

樽熟成のインペリアルスタウトおよびポーターは、その複雑なアロマ、⾹ばしいモルトフレーバーとハイアルコールによるリッチなボディ感から、ビアギーク(ビール愛好家)の間で特に⼈気が⾼いそう。

特にウイスキー樽との相性がよく、今回ウイスキーコンジェナーと呼ばれる樽由来の成分の抽出率が特に⾼いアメリカン・オークのバーボン樽で熟成させた、⾹り⾼いビールをブレンディングの⼀部に使⽤したとのことです。

その結果、ベーカーズチョコレートやタフィー、蜂蜜の⾹りが漂うインペリアルポーターから、樽熟成によってさまざまなフレーバーが醸成。誰も予想し得なかったフルーティーなドライプラムやラズベリーのような⾹りをまとったビールが完成したとしています。

 

「Off Trail From the Other Side」概要

販売開始⽇
2022年6⽉9⽇(⽊)
希望⼩売価格
オープン価格
原材料
⻨芽 (外国製造)、ホップオーツ⼩⻨、糖類
アルコール度
12.0%
スタイル
Whisky Barrel Aged Imperial Porter
品⽬
ビール
醸造所
Far Yeast Brewing源流醸造所(⼭梨県⼩菅村)
仕様
750ml瓶、330ml瓶
Webサイト
Far Yeast Brewing公式オンラインショップ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!