Far Yeast Brewing、BICYCLE COFFEE TOKYOとのコラボで「コーヒーIPA」第3弾を限定発売

Far Yeast Brewing「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA 2019」(ファーイースト バイシクル コーヒー アイピーエー 2019)

Far Yeast Brewingは2019年2月14日(木)、人気ロースタリー「BICYCLE COFFEE TOKYO」とのコラボレーションによる限定醸造ビール「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA 2019」を発売します。

 

香り付けのコーヒー豆も毎回変化

 

本商品は、ベルジャンIPAをベースに、サンフランシスコベイエリア生まれの自然派ロースタリー「BICYCLE COFFEE TOKYO」が提供するコーヒー豆を香り付けに使用したコーヒーIPAです。

「BICYCLE COFFEE TOKYO」とのコラボレーションは今回で3回目。2017年10月のコラボ第1弾「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA」では、煎り具合の異なるフルーティーなグアテマラ産2種、そして甘みが特徴のエチオピア産コーヒーのブレンドを使用していました。

また、2018年5月の第2弾「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA Medium Roast」「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA Dark Roast」では、農園と焙煎が異なるシングルオリジンコーヒー2種を使用しています。

第3弾となる今回の「BICYCLE COFFEE IPA 2019」では、焙煎したてのすっきりフルーティーな浅煎りと香ばしい中煎りのグアテマラ産2種と、ストロベリーのような甘みが特徴のエチオピア産のコーヒーを合わせたスペシャルブレンドで香り付けを行ったとのこと。前作に比べコーヒーのみずみずしい香りが一層前面に出て、アーシーなフレーバーが感じられる仕上がりとしています。

「BICYCLE COFFEE IPA」という商品名はこれまでの計3商品と同じですが、Far Yeast Brewingとしては「農園・品種・収穫時期によって使用しているコーヒー豆が毎回変わっているので、少しの違いを見つけて楽しんで欲しい」としています。

本商品は樽とボトルの2仕様で展開予定。2019年2月7日(木)に都内の同社直営店「Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao」と「BICYCLE COFFEE TOKYO」にて先行開栓を行ったのち、樽・ボトルともに2月14日(木)より全国で販売開始予定としています。

 

概要「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA 2019」

販売開始日
2019年2月14日(木)
価格
オープン価格
原材料
大麦麦芽・ホップ・コーヒー・糖類
アルコール度
6.0%
IBU
50前後
スタイル
コーヒーIPA
醸造所
Far Yeast Brewing源流醸造所(山梨県小菅村)
仕様
15L樽及び330mlボトル

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ