Far Yeast Brewing、人気ロースタリーとのコラボで「コーヒーIPA」第2弾を5月7日発売

2018-05-12

Far Yeast Brewing「BICYCLE COFFEE IPA」

Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)は2018年5月7日(月)、サンフランシスコ生まれのロースタリー「BICYCLE COFFEE TOKYO」とのコラボレーションによる限定醸造ビール「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA Medium Roast」と「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA Dark Roast」の2種を発売します。

 

ベルジャンIPAをベースにコーヒー豆で香り付け

 

Far Yeast Brewingが「BICYCLE COFFEE TOKYO」のコーヒー豆を香り付けに使用するのは今回で2回目。前回2017年10月には、煎り具合の異なるフルーティーな2種のグアテマラ産と、甘みが特徴のエチオピア産によるブレンドを使用してビールを醸造しています。

これに対して今回はシングルオリジンコーヒー2種を使用したとのこと。ベルジャンIPAをベースに、「BICYCLE COFFEE IPA Medium Roast」では浅煎り豆のフルーティーさと酸味を感じる「Asdeflor, Huehuetenango, Guatemala」で、「BICYCLE COFFEE IPA Dark Roast」では中煎り豆の香ばしさと甘さが溢れる「El Platanillo, San Marcos, Guatemala」で香り付けを実施。これにより、ビールファンはもちろんコーヒーファンにも飲んで欲しい「コーヒーIPA」に仕上げたとしています。

本商品は樽とボトルの2商品で展開予定。4月27日(金)から始まる「肉フェスOSAKA 2018」、4月28日(土)から始まる「クラフトビール新酒解禁祭り」にて樽を先行開栓したのち、樽・ボトルともに5月7日(月)から全国で一般販売開始予定となっています。

 

概要「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA Medium Roast」

商品名
Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA Medium Roast
(ファーイースト バイシクル コーヒー アイピーエー ミディアムロースト)
販売開始
「肉フェスOSAKA 2018」と「クラフトビール新酒解禁祭り」で先行開栓後、
樽・ボトルともに5月7日(月)一般販売開始
価格
オープン価格
原材料
大麦麦芽・ホップ・コーヒー・糖類
農園
Asdeflor, Huehuetenango, Guatemala
アルコール度数
6.0%
スタイル
コーヒーIPA
仕様
15L樽および330mlボトル
※ 公式ストアでの販売予定はありません。

 

概要「Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA Dark Roast」

商品名
Far Yeast BICYCLE COFFEE IPA Dark Roast
(ファーイースト バイシクル コーヒー アイピーエー ダークロースト)
販売開始
「肉フェスOSAKA 2018」と「クラフトビール新酒解禁祭り」で先行開栓後、
樽・ボトルともに5月7日(月)一般販売開始
価格
オープン価格
原材料
大麦麦芽・ホップ・コーヒー・糖類
農園
Asdeflor, Huehuetenango, Guatemala
アルコール度数
6.0%
スタイル
コーヒーIPA
仕様
15L樽および330mlボトル
※ 公式ストアでの販売予定はありません。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

2018年のビール発売情報まとめ