因島産はっさくを使ったフルーツビールタイプの発泡酒が再発売!

スプリングバレーブルワリー「広島県因島産 はっさく」

スプリングバレーブルワリー(以下、SVB)は、昨年4月に発売した「FARM to SVB」シリーズ第1弾商品となる、フルーツビールタイプの発泡酒「広島県因島産 はっさく」を、2020年4月3日(金)にSVB東京で数量限定再発売します。

 

「FARM to SVB」とは?

「FARM to SVB」とは、SVBが2019年から継続して取り組んでいる「SOCIAL BREWERY」()活動のひとつに位置付けられる商品シリーズです。

※ 個性あふれるモノづくりを通じ、人と人をつないでいくことで人の心を豊かにするとともに、社会を少しずつ良くするきっかけとなる「場」を創るブルワリーを指す活動

日本各地にある特長的な野菜やフルーツを商品開発に生かし、年間を通じて情報発信拠点であるSVB東京の限定商品として発売するというもので、これまでも高知県産のゆずや福島県のブランド白桃「あかつき」を使用した発泡酒などを提供して話題を呼んでいました。

 

爽やかな香りとほろ苦さの大人気商品

本商品の醸造を担当したSVB東京ヘッドブリュワー:古川 淳一 氏

そんな「FARM to SVB」シリーズの第1弾商品として昨年2019年4月に発売されたのが「広島県因島産 はっさく」です。

昨年発売時の飲用者を対象に行ったアンケート調査では、約8割の人が「次回来店時もぜひ飲みたい」と高い味覚評価で、SVBのフラッグシップビールである「496」を超える月間2,000杯の販売を記録したとのこと。

今回もはっさく発祥の地・因島産のはっさくを使用しており、因島産はっさくの持ち味である爽やかな香りとほろ苦さに、麦芽の自然な甘みを調和させ、飲み心地の良さを引き出したとしています。

 

「広島県因島産 はっさく」概要

原材料
麦芽(大麦麦芽)、ホップ、糖類、はっさく
発売日
2020年4月3日(金)
アルコール分
4. 5%
酒税法上の区分
発泡酒
ブリュワー
古川 淳一氏(SVB東京 ヘッドブリュワー)
提供場所/容量/価格
SVB東京/レギュラーサイズ(360ml)/1杯930円(税込)
製造場所
スプリングバレーブルワリー東京
Webサイト
スプリングバレーブルワリー公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!