キリンECサイトでも発売!高知産ゆず使った「YUZU Sparkling」

スプリングバレー「YUZU Sparkling ~FARM to SVB 高知産ゆず~」

スプリングバレーブルワリー(以下、SVB)は2020年3月19日(木)、高知県産ゆずを使用した発泡酒「YUZU Sparkling ~FARM to SVB 高知産ゆず~」を、SVB各店舗および同社オンラインショップ「DRINX」で数量限定発売しました。

 

各地の素材を活用する「FARM to SVB」

 

「FARM to SVB」とは、SVBが2019年から継続して取り組んでいる「SOCIAL BREWERY」()活動のひとつに位置付けられる商品シリーズです。

※ 個性あふれるモノづくりを通じ、人と人をつないでいくことで人の心を豊かにするとともに、社会を少しずつ良くするきっかけとなる「場」を創るブルワリーを指す活動

日本各地にある特長的な野菜やフルーツを商品開発に生かし、年間を通じて情報発信拠点であるSVB東京の限定商品として発売するというもので、これまでも北海道厚真町のハスカップや福島県のブランド白桃「あかつき」を使用した発泡酒などを提供して話題を呼んでいました。

 

高知産ゆずのやさしい酸味

そんな「FARM to SVB」シリーズ初の全国発売となる今回の「YUZU Sparkling ~FARM to SVB 高知産ゆず~」は、発酵後にゆず果汁を加えたことで、高知産ゆずのやさしい酸味と軽やかな発泡感を引き出したというフルーツビールタイプの発泡酒です。

高知県はゆずの生産量が全国1位で、ゆずの果汁は果実酢、皮は薬味として、高知の家庭では日常的に親しまれているそう。今回、SVB東京のヘッドブリュワーである古川淳一氏は日本国内のゆずを比較試飲し、本商品の醸造に最も適しているとして高知県産を選定しました。

その後、高知県仁淀川地区のゆず農家を訪問し、さまざまな食事でゆずを使用する高知の食文化に触れ、ビール造りでもゆずはどのようなスタイルでも相性が良いことが分かったとのこと。

SVBは今回の発売にあたり、高知県アンテナショップ「まるごと高知」ともコラボし、高知県の高知カンパーニュブルワリーがつくる「TOSACO YUZU PALE ALE」とセットになった「ゆずクラフトセット」も同アンテナショップで販売します。

さらに、銀座にあるスプリングバレーブルワリーの店舗”BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERYでは、「まるごと高知 土佐ダイニング おきゃく」の高知県出身シェフ監修でオリジナルのデリメニューを販売するほか、「TOSACO YUZU PALE ALE」もゲストタップとして提供する予定としています。

 

「YUZU Sparkling ~FARM to SVB 高知産ゆず~」

原材料
小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ、ゆず、はちみつ
発売日
2020年3月19日(木)
アルコール分
5.0%
酒税法上の区分
発泡酒
提供場所/容量/価格
SVB東京・横浜・京都:360ml/1杯930円(税込)
BEER TO GO(銀座):250ml/1杯700円(税込)
DRINX:330ml壜×6本/3,168円(税込)※ CLUB SVB会員限定
春のクラフトビール飲み比べセット/4,620円(税込)
YUZU Sparkling ~FARM to SVB 高知産ゆず~:330ml壜×4本
496:330ml壜×3本
on the cloud:330ml壜×3本
Webサイト
KIRIN(キリン) オンラインショップ DRINX(ドリンクス)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!