ひでじビールが「ワライダケエール」発売!県産椎茸で旨味抽出

宮崎ひでじビール「ワライダケエール」

宮崎ひでじビール(宮崎県延岡市)は2021年4月1日(木)、宮崎県産の椎茸を使った“ジャパニーズ・マッシュルーム・エール”スタイルの限定ビール「ワライダケエール」を限定発売します。

 

ホップはソラチエースを使用

「コロナ禍の閉塞感に満ちた世にささやかな“笑いだけ”を贈りたい」との想いで発売されるという今回のビール。同社が2013年より取り組んでいる県産椎茸を使った醸造に回帰し、旨味成分である「グアニル酸」を効果的に抽出するステップインフュージョン加熱方法によってビールに深い旨味を綴じ込めたとのことです。

そうして完成した本商品は、モルトと乾燥椎茸由来のリッチでメロウなジャパニーズフレーバーが引き出されており、少しプラムのような豊かさも感じられるとのこと。

また、ホップには日本発祥品種「ソラチエース」を使用し、心地よい苦みと南国のフルーティな野花感に、松やヒノキ等のウッディーフレーバーで、「森のきのこ狩り気分」を楽しめるとしています。

 

「ワライダケエール」概要

アルコール度数
6%
原材料
麦芽・宮崎県産乾燥椎茸・ホップ
容量
330mlボトル
区分
ビール
ビアスタイル
Japanese Mushroom UMAMI Ale
IBU
37
保管
常温可
無し
飲み頃推奨温
5~10℃
Webサイト
販売ページ(宮崎ひでじビールYahoo!ショップ)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!