人気セッションIPAが再登場!「軽井沢高原ビール 2021年限定」

ヤッホーブルーイング「軽井沢高原ビール 2021年限定」

ヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)は2021年2月5日(火)、軽井沢エリアのスーパー、酒販店、お土産店にて、限定クラフトビール「軽井沢高原ビール 2021年限定」(以下、「2021年限定」)を発売しました。

 

白桃のような香りをプラス

軽井沢限定で、毎年異なるビアスタイル(ビールの種類)で提供されている「年限定」シリーズ。2021年版では、昨年販売して好評を得ていたほか、ビアコンペ「JAPAN GREAT BEER AWARDS 2020」でも銀賞受賞を果たした「セッションIPA」スタイルが再び採用されました。

昨年との最大の違いはホップの変更で、パイナップルやパパイヤといったトロピカルフルーツのような香りに加え、白桃のような香りを感じられる仕上がりに。程よい酸味のあるドライな味わいと後残りのないクリーンな苦味で、ごくりとのどに流したくなる爽快さが特徴としています。

 

軽井沢産小麦「ゆめかおり」を使用

軽井沢産小麦「ゆめかおり」収穫風景

軽井沢産小麦「ゆめかおり」収穫風景

1997年から23年間に渡って販売され、軽井沢で最も飲まれているクラフトビール(同社調べ)という「軽井沢高原ビール」シリーズは、現在、定番2種と限定1種の3種が軽井沢エリアで購入可能となっています。

収益の一部を軽井沢の自然保護団体と文化遺産保護団体に寄付しているという本ブランドは、地元軽井沢産の農作物を原材料に使用しているほか、製造の工程で生まれた麦芽粕を肥料として近隣農家に提供しているとのことです。

今回の「2021年限定」では、軽井沢における遊休農地活用の一環として生産されている地元産の小麦「ゆめかおり」が原材料の一部に使用されています。

 

「軽井沢高原ビール 2021年限定」概要

製品名
軽井沢高原ビール 2021年限定
アルコール度数
4.5%
発売日
2021年2月5日(金)
容量
350ml
ビアスタイル
セッションIPA
賞味期限
製造日より5ヶ月
原材料
大麦麦芽、小麦麦芽、軽井沢産小麦(ゆめかおり)、オーツ麦、ホップ
希望小売価格
315円(税抜)
販売場所
缶製品:軽井沢エリア内スーパー、コンビニ、お土産店、公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」
樽製品:星野エリア「村民食堂」「カフェハングリースポット」、公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」
※ 樽製品は順次提供開始
製品入りギフト:よなよなエール公式通販サイト「よなよなの里」各店舗
Webサイト
よなよなの里 本店

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!