年144銘柄が届く?驚き満載のクラフトビール定期便「オトモニ」

クラフトビール定期便サービス「Otomoni(オトモニ)」

国内外200箇所におよぶビール醸造所(以下、ブルワリー)の1,200銘柄()を超える商品ラインナップのなかから、多彩なビールをユーザーに届けるクラフトビールの定期配送サービス「Otomoniオトモニ)」(旧サービス名「ふたりのみ」)が、現在注目を集めています。

※ 2021年1月現在

[PR] 本記事の末尾に、本サービスの「定期配送6本プラン」をお得にご利用いただける申し込みキャンペーン情報があります。

 

ビール好きがハマる3つのポイント

 

都内でアプリ開発等を行うmeuronミューロン)が2019年にスタートした本サービスは、2020年以降、新型コロナウイルス感染症の影響による家飲みニーズ拡大も相まって大きく成長。meuronでは、主に3つのポイントがユーザーから高い評価を得ているとしています。

POINT1:まだ見ぬブルワリー&ビールが続々

定期配送プランはシンプルで、6本セットを隔週で配送するコース(配送1回で4,378円[税込・送料込])()のみとなります。

そのなかで、1,200超(!)という膨大な取扱い商品群から毎回異なるビール6種が届けられるため、それまで存在も知らなかったブルワリーやビール銘柄に出会えるチャンスが満載となっています。

※ 沖縄および離島は別途特定地域配送料が発生

POINT2:自分好みにカスタマイズOK

また、アプリでは届いたビールに対する5段階評価やレビューを通じて、6本セットにカスタマイズを加えることも可能に。

気に入ったビールを3本まで次回配送に加えることのできるキープ機能を活用するなどして、自分好みの組み合わせに近づけられる自由度の高さも魅力の1つと言えそうです。

POINT3:超ユニークな企画セットも

「けやきひろばビール祭り」コラボセット(2020年5月)

「けやきひろばビール祭り」コラボセット

「離島のブルワリー応援セット」(2020年6月)

離島ブルワリー応援セット

「ONE AND ONLY」参加ブルワリーセット(2020年8月)

「ONE AND ONLY」特集セット

「動物園・水族館応援セット」(2020年8月)

動物園・水族館応援セット

「花*花」×ビールで乾杯応援コラボセット(2020年10月)

「花*花」×ビールで乾杯応援セット

「JAPAN BREWERS CUP 2021」コラボセット(2021年1月)

「JAPAN BREWERS CUP」コラボセット

これまで発売されたた特集セットの一部。

定期配送セットに加えて、その時々で多彩な特集企画セットが用意されている点も「オトモニ」の大きな特徴です。

次回配送として、定期配送セットの代わりに特集企画セットを選択することができるほか、「オトモニ」のWebサイトにはストアページも用意されていて、通常のECと同じように特集企画セットをランダムに追加購入することも可能。この場合、定期会員は10%OFFになります。

なお、これらの特集企画セットは、会員登録を行っていれば定期配送ユーザー以外でも購入できます。

 

開発者に聞いてみました

meuron株式会社代表取締役社長:金澤俊昌さん

クラフトビールに出会うまで、もともとビールをあまり飲むほうでなかったという金澤さん。今は苦味の効いたIPAの大ファンに。

「オトモニ」を運営するmeuron(株)代表の金澤俊昌さんは、かつてアメリカで飲んだ「BLUE MOON」に感激したことがクラフトビールにハマるきっかけだったそう。

その後、日本でもビールイベント等で多種多様なビールを楽しむようになった金澤さんでしたが、「これほどおいしいのに、なかなか手に入らない銘柄もある。もっと手軽に日本の多彩なビールを試すことができたら」という気持ちが芽生え、本サービスの開発につながったとのことです。

今回は、そんな金澤さんに、Always Love Beer編集部(以下、編集部)が同サービスの魅力や特徴について伺ってみました。

「予備知識なしでも楽しめます!」

クラフトビール定期便サービス「Otomoni(オトモニ)」
AlwaysLoveBeer
編集部

「オトモニ」の魅力はどんな点にあるとお考えですか?

meuron株式会社代表取締役社長:金澤俊昌さん
金澤さん

一番の魅力は新しいブルワリーやビールに数多く出会える点だと思います。クラフトビールの予備知識がゼロでも、毎回異なるビールが届く定期配送セットで「この地域に、こんなブルワリーがあったんだ!」という体験が次々できますから、今は比較的ライト層のユーザー様にも数多く登録いただいている状態ですね。6割が女性ユーザーというのも特徴的だと思います。

AlwaysLoveBeer
編集部

定期配送セットの6本は、どのようにセレクトしているんですか?

meuron株式会社代表取締役社長:金澤俊昌さん
金澤さん

基本的には、飲み比べを楽しんでいただけるようビアスタイル(ビールの種類)を重複させないようにしています。また、6本のうち1本か2本は、「地域限定」「数量限定」「季節限定」「新作」のどれかに該当する限定ビールを必ず入れています。

AlwaysLoveBeer
編集部

そのうえで、さらにカスタマイズを加えることもできる、と。

meuron株式会社代表取締役社長:金澤俊昌さん
金澤さん

はい。気に入った銘柄をキープしたり、面白いと感じた企画があれば、定期配送便でなく特集企画セットを選んでみたり。

AlwaysLoveBeer
編集部

世の中のサブスク全般について同じことが言えそうですが、興味はありつつ、「契約すると解約や停止が面倒では?」と考えて、ためらってしまう方もいるようです。

meuron株式会社代表取締役社長:金澤俊昌さん
金澤さん

「オトモニ」の場合、解約の導線が明確という点に加えて、スキップ機能も好評をいただいています。こちらは一般的なサブスクと違って無制限なので、配送頻度も自分で自由に調整できて、極端な話、半年に1回の配送も機能的には可能です。ですから、気軽に考えていただけたら嬉しいですね。また、原則として1回の配送で6ブルワリーのビールをお届けしますので、特に「いろいろなブルワリーのビールを楽しみたい」と考えていらっしゃる方々にとっては、クール配送料の面でもお得感を持っていただけると考えています。

ブルワリーと“つながる”仕掛けも

「日本のクラフトビール文化を守ろうセット」(関東、中京・九州・北関東、関西版)

特集企画セット「日本のクラフトビール文化を守ろうセット」(関東/中京、九州、北関東/関西版)に添えられたカード

「日本のクラフトビール文化を守ろうセット」(関東、中京・九州・北関東、関西版)裏面

「日本のクラフトビール文化を守ろうセット」に添えられたカード裏面には各ブルワリーから集めたメッセージを掲載

AlwaysLoveBeer
編集部

特集セットのほうは、どのように企画しているんですか?

meuron株式会社代表取締役社長:金澤俊昌さん
金澤さん

サービス全体について言えることですが、ブルワリーさんとユーザーさんの声を集めて相互に届けるということは、かなり意識しています。たとえば「離島ブルワリー応援セット」は奄美大島や屋久島といった離島で活躍するブルワリーの特集でしたが、参加ブルワリーさんにメッセージをいただき、寄せ書きのようなものをつくってビールに同梱しました。すると、ビールを通じて「島やブルワリーへ遊びに行ってみたくなりました!」なんておっしゃるユーザーさんや、同封した返信用のお手紙をブルワリーさんに送ったユーザーさんもいました。ビールに対するユーザーさんのレビューもサービス全体で1万件を超えています

AlwaysLoveBeer
編集部

サービス開始から2年足らずで1万超のレビューというのはすごいですね。

meuron株式会社代表取締役社長:金澤俊昌さん
金澤さん

レビューがご自身に届けられるビールセットのカスタマイズ内容にも反映しますから、皆さまの声が集まりやすい仕組みになっています。で、そうしたレビューをブルワリーさんにどんどんフィードバックしていて、「今までは地元でしか売っていなかったけど、東京のお客さんはうちのビールをこんな風に鍋と一緒に楽しんでいるのか!」ですとか、新しい発見をなさって驚いているブルワリーさんも多いです。

初期投資ゼロで深く豊かな趣味の世界を

クラフトビール定期便サービス「Otomoni(オトモニ)」
AlwaysLoveBeer
編集部

ユーザーさんにはどのような楽しみ方をして欲しいと考えていらっしゃいますか?

meuron株式会社代表取締役社長:金澤俊昌さん
金澤さん

それぞれ、ご自身に合った付き合い方を自由にしていただけるよう、アプリと連動させて自分のコレクションを楽しめるようにしたり、ブルワリーさんのこだわりや受賞歴等々、クラフトビールを深く知ることのできる独自コンテンツを公開したりしています。先ほどお話ししたブルワリーさんとのつながりを含めて、クラフトビールの深い世界への入り口にしていただけたら嬉しいですね。それでお気に入りのブルワリーができた結果、「オトモニ」に加えて、ブルワリーから直接ビールを購入しているユーザーさんもいらっしゃいます。

AlwaysLoveBeer
編集部

最後に、「オトモニ」に興味を持っている方々に何かメッセージがあればお願いします。

meuron株式会社代表取締役社長:金澤俊昌さん
金澤さん

2021年1月時点で1,200以上の銘柄から毎回違ったビールをお届けしているので、隔週配送で単純計算すると1年に144種類のビールが届くことになります。1年で144種のビール開拓できる人って、そうそういないですよね。1本あたりの量もそれほど多くないので手に取りやすく、最近はすごく可愛いかったり格好良かったりするラベルデザインのビールがどんどん増えてきました。いろいろな面で、初期投資がかからない新しい趣味として深く豊かなクラフトビールの世界を楽しんでいただけるような提案を、今後もしていきたいなと思っています!

 

初回500円OFFキャンペーン開催!

クラフトビール定期便サービス「Otomoni(オトモニ)」

「最近は各地のブルワリーさんからもお取り扱いのご相談をいただける機会が増えてきました」と話す金澤さん。ユーザーのフィードバックが多い点を生かして、現在はいくつかのブルワリーと共同による商品開発や、新ブランドの立ち上げサポートも行っているそうです。

酒類のサブスクリプションとしては価格設定が手頃なことに加えて、スキップ機能などが充実している点も、特にクラフトビールを好きになりはじめた方々にとっては安心材料になりそう。

本サービスを通じて、次々と生まれている新しいクラフトビールとの出会い、そしてブルワリーとの濃密なつながりを満喫してみてはいかがでしょうか。

▼「定期配送6本プラン」申し込みキャンペーン
定期配送プランにお申し込みの際、画面内「プロモーションコード」欄に下記のキャンペーンコードを入力していただくと、初回料金が500円OFFでご利用いただけます。

キャンペーンコード:

always-love-beer

▼Otomoni(オトモニ)
https://otomoni.beer/

▼アプリのダウンロード

▼取材協力
meuron株式会社

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!