「キリン のどごし<生>」リニューアル!コク・キレ・喉ごしUP

キリンビール「キリン のどごし<生>」(リニューアル)

キリンビールは2021年3月製造分より、同社新ジャンル製品「キリン のどごし<生>(以下、「のどごし<生>」)」をリニューアルのうえ、順次切り替えを行っています。

 

“新ブラウニング製法”を改良

キリンビールの調べによると、コロナ禍による生活不安で“節約志向”がさらに高まったことで、2020年のビール類市場における新ジャンルの販売数量構成比は初めてビールを上回ったとのこと。また、新ジャンルに対する顧客ニーズは、「爽快さ」「ビールに近い品質(コク)」の大きく2つに分かれており、なかでも「品質がいい」「売れている」といった、明確な価値があるブランドの選択傾向が高まっているそうです。

こうした動きを受けて、今回のリニューアルでは、コク・キレ・のどごしの向上などを実現したキリンビールの特許技術「新ブラウニング製法」をさらに改良。仕込工程の時間を見直すことで、うまみを残して飲みごたえを強化しながらも、雑味を残さず、飲んだ後の後キレも向上させたとのこと。

飲んだ瞬間のグッとくるうまさと、飲んだ後の後キレの落差をより大きくすることで、「磨き抜かれた爽快なうまさ」を実現したとしています。

 

「キリン のどごし<生>」概要

商品名
「キリン のどごし<生>」
売地域
全国
発売日
2021年3月製造品より順次切り替え
容量・容器
250ml缶、350ml缶、500ml缶、15L樽
価格
オープン価格
アルコール分
5%
酒税法上の区分
その他の醸造酒(発泡性)②
販売予定数
約2,260万ケース(286,000KL)
※ 大びん換算
製造工場
キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場(全9工場)
Webサイト
「キリン のどごし<生>」ブランドサイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!