オリオン×ウォルフブロイ!沖縄のブルワリー2社がコラボビール

オリオンビール×ウォルフブロイ「首里1427 IPL(India Pale Lager)/German Brew」

オリオンビールウォルフブロイは2021年10月26日(火)、“首里”をテーマにコラボレーションしたクラフトビール「首里1427(しゅり1427)」を発売します。両社がそれぞれ醸造した2つのビールが対に並ぶことで完成するセット商品となります。

 

一対で完成する“首里のビール”

オリオンビール×ウォルフブロイ「首里1427 IPL(India Pale Lager)/German Brew」

今回のコラボビールを造ったウォルフブロイとオリオンビールの醸造家

ともに沖縄のブルワリーとして、「首里城復興と首里の街を盛り上げていくこと」に対し強い思いを抱く2社で実現したという今回のコラボでは、それぞれの持ち味を生かし個性の異なるビール2種が開発されました。

今回が他ブルワリーとの初コラボとなるオリオンビールは、ビアスタイル(ビールの種類)に「IPL」(インディア・ペール・ラガー)を採用。花や草木を連想させる爽やかなホップの香りと、心地良い苦味が特徴の商品に仕上げたとのことです。

一方、那覇市首里でジャーマンスタイルの醸造に強みを発揮するブルワリー「ウォルフブロイ(Wolfbrau)」は「ジャーマンブリュー」に。ドイツ産のホップ・麦芽に加え、南城市産の大麦を使用することでモルトのうまみを最大限引き出したとしています。

商品名は、1427年に現在の首里の原型となる城下町が整備されたと言われていることにちなみ、年号を採用。また、商品のラベルにそれぞれの龍が配置されており、2つを並べると中央に満月が現れるという意匠に。まるで2匹の龍が首里に浮かぶ月を愛でるようなデザインとなりました。

オリオンビール公式通販では300セット限定で販売を予定しており、26日(火)から一般注文を受け付けたのち、28日(木)を目途に名護工場から日本全国へ発送開始予定としています。また、沖縄県内ではウォルフブロイ店頭のほか、首里エリアの一部飲食店のみでの取扱いとなります。

 

「首里1427」概要

商品名
首里1427
発売日
2021年10月26日(火)
販売箇所
・オリオンビール公式通販サイト:
https://shop.orionbeer.co.jp/
・ウォルフブロイ店頭
・首里エリアの一部飲食店
商品
オリオンビール|首里1427 “IPL(India Pale Lager)” 330ml小瓶
特 徴:花や草木を連想させる爽やかなホップの香りと、心地良い苦味が特徴
原材料:麦芽(カナダ製造、フランス製造、ドイツ製造)、ホップ、大麦(沖縄県南城市産)
ウォルフブロイ|首里1427 “German Brew” 330ml小瓶
特 徴:ドイツ産のホップ・麦芽に加え南城市産の大麦を使用した本商品は、モルトのうまみを最大限引き出した味わいが特徴
原材料:大麦麦芽(ドイツ産)、ホップ、大麦(沖縄県南城市産)
先行予約
2021年10月19日(火)から、オリオンビール公式通販「定期宅配サービス」利用者を対象に先行予約販売をスタート
通販限定6本セット(2種×3本):5,060円(税込)
※ オリオンビール名護工場から日本全国への送料込み(クール便)
オリオンビール定期宅配サービスについて:
https://shop.orionbeer.co.jp/pages/monthly-subscriptions

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!