RateBeer、2018年の国内最高評価ビールに「栗黒」、醸造所に玉村本店(志賀高原ビール)を選出

投稿日時 更新日時2019-03-21

RateBeer Best Awards 2018

世界最大級のビールレビューサイト「RateBeer」は2019年1月、ワールドワイドまたは国や地域でそれぞれ最高評価となったクラフトビールやビール醸造所、さらにはビアバー等を「RateBeer Best Awards」の2018年版で発表しました。

 

“ビアギーク”のレビューから選出

ratebeer best awards 2018

「RateBeer」は、世界中のビールファンによるユーザー参加型のレビューサイト。アメリカのビールを中心に、全世界のビールに関する膨大なレビュー情報が蓄積されていて、日本のクラフトビールについても、主に海外のビアギーク(≒ビールオタク)が積極的にレビューを行っています。

欧米のファンに比べると、日本のファンは英語サイトに書き込む機会が少ないので、どちらかというと英語フレンドリーなブルワリー等が高得点を得る傾向はあるかもしれませんが、特定の審査員がジャッジする、いわゆるビアコンペとはまた別の視点であることはたしか。ビールやブルワリーの“愛され具合”やトレンドを、最も分かりやすく伝えているサービスの1つだと思います。

 

国内最高評価のビール、ブルワリー、ビアバーは…

ratebeer best awards 2018

そんな同サイトの「Best Awards」では、国ごとで最高点数となったビールやブルワリーを選出する「BEST BEERS, BREWER, NEW BREWER BY COUNTRY」、そしてビアバーやボトルショップを選出する「BEST PLACES FOR BEER – COUNTRY」も毎年発表されています。

今回ご紹介するのはその2018年版。ビアギークたちに最も愛された日本のクラフトビールやビアバーは以下の通りとなりました。なお「Best Places For Beer」の「brewpub」(ブルーパブ:醸造所併設パブ)部門は選出無しだったのですが、「bar」部門で選出されたスラッシュゾーンさんには併設醸造設備がありますので、厳密にはブルーパブになります。

ちなみに、世界1位のブルワリーは米バーモント州のHill Farmstead Brewery(ヒルファームステッドブルワリー)となりました。

Best Beers, Brewers, New Brewers By Country (Japan)

top beer(トップビール)
宮崎ひでじビール「栗黒 KURI KURO Dark Chestnut Ale」
top brewer(トップブルワー)
玉村本店/志賀高原ビール
best new brewer(ベストニューブルワー)
選出無し

 

Best Places For Beer – Country (Japan)

bottle shop(ボトルショップ)
Tanakaya Liquor Store - 目白田中屋(東京都豊島区)
bar(ビアバー)
Bakushu Club Popeye - 麦酒倶楽部ポパイ(東京都墨田区)
bar(ビアバー)
Thrash Zone - スラッシュゾーン(神奈川県横浜市)
bar(ビアバー)
Devil Craft Hamamatsucho - デビルクラフト浜松町(東京都港区)
brewpub(ブルーパブ)
選出なし
restaurant(レストラン)
選出なし
brewer tap room(醸造所併設タップルーム)
選出なし

 

<参照ページ>
RateBeer Best Awards for the year – award results
※ リンク先は毎年更新されています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ