キリンHD磯崎社長の温州みかんを使用!?代官山のSVBが発泡酒

スプリングバレーブルワリー「磯崎さんちの小田原みかん」

スプリングバレーブルワリーは2020年2月5日(水)、みかんのほどよい酸味と爽やかな香りが楽しめるという発泡酒「磯崎さんちの小田原みかん」を、スプリングバレーブルワリー東京(以下、SVB東京)にて数量限定発売します。

 

みかん使用量は昨年の3倍!今年は皮も使用

SVB東京ヘッドブルワーの古川淳一氏(写真左)とキリンホールディングス社長の磯崎功典氏(写真右)

SVB東京ヘッドブルワーの古川淳一氏(写真左)とキリンホールディングス社長の磯崎功典氏(写真右)

今年で醸造5年目を迎えるという「磯崎さんちの小田原みかん」は、小田原にあるキリンホールディングス株式会社社長 磯崎功典氏の畑で採れた温州みかんを使用して醸造した季節限定商品です。

今回は2019年12月にSVB東京のヘッドブルワーである古川淳一氏が磯崎氏の畑に赴いて、自ら収穫した温州みかんを使用。今年は温州みかんの使用量を昨年の約3倍に増やし、皮も漬け込んで熟成させることによってフルーティーで爽やかな香りと甘味、そして酸味が特長のエールタイプに仕上げたとしています。

 

「磯崎さんちの小田原みかん」概要

原材料
小麦麦芽、大麦麦芽、ホップ、みかん
発売日
2020年2月5日(水)
アルコール分
5.0%
酒税法上の区分
発泡酒
ブリュワー
古川淳一
提供場所/容量/価格
SVB東京/レギュラーサイズ(360 ml)/1杯930円(税込)
製造場所
SVB東京
Webサイト
「スプリングバレーブルワリー東京」公式ページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!