アルコール度数10%!ボジョレー解禁日に“麦のワイン”2種発売

投稿日時

サンクトガーレン【麦のワイン】

サンクトガーレンは2019年11月21日(木)、ボジョレー・ヌーボー解禁日に合わせて、ワイン並の高アルコールで、かつワインのように長期熟成が可能なビール“麦のワイン”2種を各6000本限定で発売します。

 

「麦のワイン」とは?

サンクトガーレン【麦のワイン】

ワインという名が付いているものの、“麦のワイン”はれっきとしたビール。ワインのようにアルコール度数の高いビアスタイル(ビールの種類)の1つです。19世紀に寒冷でブドウ栽培が出来なかったイギリスで、フランスワインの人気に対抗して「ビールでワインのようなものをつくった」ことがはじまりになっているそう。

当時つくられていたのは大麦麦芽を主原料とした“バーレイワインBarley Wine)”だけでしたが、1980年代にアメリカで小麦麦芽を主原料にした“ウィートワインWheat Wine)”が誕生。サンクトガーレンでは2006年よりバーレイワイン、2012年よりウィートワインを製造・販売しています。

サンクトガーレン【麦のワイン】

バーレイワインもウィートワインも主な原材料は通常のビールと同じ麦芽とホップですが、膨大な量の麦芽で極限までアルコールを高めています。サンクトガーレンでは通常の約3倍(!)におよぶ麦芽を使用しているそう。

アルコール度数に直結する麦汁は濃度の高いものだけを使うため、通常は1回の仕込みで約2,000Lのビールをつくることができる同社の醸造システムでも、麦のワインはその半分の1,000Lしかつくれないとのこと。また、熟成期間は通常の6倍以上におよび、繁忙期の夏にタンクを占領し続けるため製造コストは並大抵でなく、日本でつくっているメーカーは多くないそうです。

 

賞味期間は5年間!

サンクトガーレン【麦のワイン】

 

フレーバーの特徴はというと、まずは麦の旨味が凝縮された、濃厚で蜜のようにとろりとした口当たり。特にウィートワインの主原料である小麦麦芽はタンパク質が多く、液の粘度が強くなり“とろみ”をより強く感じるそうです。

一方、ビールの苦味と香りの基になるホップはウィートワインで2.5倍、バーレイワインでは7倍も使用しているため、特にバーレイワインは通常のビールとは比較にならないほどの濃厚さとともに、華やかな香りと、重厚な苦味を併せ持っているそう。

アルコール度数はどちらも通常のビールの約2倍となる10%。出荷直後のものを飲んでもブランデーを思わせる熟成感はありますが、購入後に1年2年と熟成させることで香りも味わいも驚くほど深みを増し、複雑味を帯びていきます。賞味期限は5年間になります。

 

伝統を守りながら、さらに現代的なレシピに

サンクトガーレン【麦のワイン】

今回、サンクトガーレンでは伝統的な“麦のワイン”のスタイルを守りながらも、最近のクラフトビールで好まれている味の傾向を意識して原材料や製法を一部リニューアルしたそうです。

まずは、2種ともにアルコール度数を10%に抑えたまま麦芽を10%増量。通常、麦芽量はアルコール度数に比例しますが、アルコールの基となる麦芽から生まれた糖分を、一部飲み口の甘さとして残したとのこと。これにより、麦の甘味が凝縮された、こってり濃密な、インパクトのある飲み口になったそうです。

また、バーレイワインのほうは柑橘フレーバーをメインとするホップ品種(チヌーク、ナゲット、カスケード、センテニアル)を15%増量したうえで、その投入タイミングを醸造工程の後半に増やし、柑橘を思わせるアロマとフレーバーをより際立たせたとしています。

 

“麦のワイン”概要

発売日
2019年11月21日(木)
各6,000本限定

「el Diablo 2019/エル ディアブロ2019(悪魔)」

Barley Wine/バーレイワイン(大麦のワイン)

スタイル
Barley Wine/バーレイワイン(大麦のワイン)
商品名
el Diablo 2019/エル ディアブロ2019(悪魔)
主原料
大麦麦芽
内容量
300ml
アルコール度数
10%
希望小売価格
1000円(税抜)

「Un angel 2019/ウン アンヘル2019(天使)」

Wheat Wine/ウィートワイン(小麦のワイン)

スタイル
Wheat Wine/ウィートワイン(小麦のワイン)
商品名
Un angel 2019/ウン アンヘル2019(天使)
主原料
小麦麦芽
内容量
300ml
アルコール度数
10%
希望小売価格
1000円(税抜)

 

販売情報

ボトル販売場所
サンクトガーレンオンラインショップ、西武池袋本店、東急百貨店 吉祥寺店、イオンリカー(一部店舗除く)、横浜高島屋、京急百貨店、そごう大宮店、ながの東急百貨店、近鉄百貨店 上本町店ほか。
※ 百貨店はお酒売場での販売です。
※ 各店の入荷分には限りがあります。
樽生販売場所(1)
・「Bakery&Beer Butchers (ベーカリー アンド ビア ブッチャーズ)
​シャルキュトリー工房とパン工房を併設した、サンクトガーレンタイアップのビアレストラン。朝9時のモーニングから、ランチ、ディナーと1日中ビールが楽しめます。本店舗では麦のワインの在庫がある限りずっと樽生で楽しめる予定とのことです。
住所:神奈川県厚木市中町2‐7‐16 内田ビル1F
アクセス:小田急線 本厚木駅 徒歩5分
電話:046-259-9125
営業時間:9:00~22:00
定休日:月曜日
参考サイト
樽生販売場所(2)
・他の販売店舗は公式ページで随時アップします。
※ 毎年ボジョレー・ヌーボーの解禁は酒業界にとって大きなイベント。サンクトガーレン取扱店も例外ではなく、普段はワインを扱っていないビアバーもこの時期だけ例外的にボジョレー・ヌーボーがメニューに登場していたそう。そこで、「ビアバーならではのボジョレー解禁日の楽しみを」と、ワインに対抗できるビールとしてバーレイワインに白羽の矢を立てたサンクトガーレン。初めて販売した2006年以降は、徐々に「ビールファンならボジョレー解禁日は麦のワインで」という動きが定着し、昨年は約20店のビアバーで0時に樽生が解禁されたそうです。
Webサイト
公式ページ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でオールウェイズ・ラブ・ビールをフォローしよう!

最新ビール発売情報まとめ